おすすめベイト用パックロッド30選|ベイトフィネスやソルトゲームに向いたロッドをご紹介

ソルパラ ショアジギング SPX-902SSJ

メジャークラフト ショアジギングロッド 2代目ソルパラ X スーパーライトショアジギ SPX-902SSJ 釣り竿

Amazonで見る

初心者おすすめであれば見逃せないアイテムがこちらです。もともと各ジャンルの初心者向けにおいて、高い人気を誇るメーカーメジャークラフトからの製品で、コストと性能はこれまでの愛用者の多さが物語っているようです。長さは、274センチで重さは300グラム程度ですが、扱いやすさ抜群です。

パックロッドを使用するならトラブルの対応方法も覚えておくと便利

扱いやすいパックロッドですが、実はトラブルも使用者の声の中からは多いことが現実です。初心者の方であれば思わず焦って対応してしまいがちですが、どのようなトラブルがあるのか、また対応方法があるのかを知って置き、落ち着いて対応できるようになっておきましょう。

パックロッドのトラブル「抜けない」の対応

パックロッドは継ぎ合わせタイプの場合、継ぎ合わせたロッド同士が硬く抜けなくなるといったトラブルが発生することがあります。特に使い込んでいるケースでは、継ぎ目が摩耗してこれを起こす可能性は高まるようです。その際は、膝を使って抜く対応方法が有効です。

力が加わりすぎて折れてしまう心配を持つ人も多いようですが、実は効果的に抜く方法として知らています。ロッドをひざ裏に回し、徐々に水平に力を加えることでスムーズに抜けるのです。

パックロッドのトラブル「劣化により折れる」の対応

致命的なトラブルとして穂先などの細い部分が折れるといったトラブルがあります。もちろん修理に出すことが最も有効な手段ですが、その分費用が高くつくのが現状です。そこで、応急処置ではありますが、リペアキットというものがあります。その名の通り、修理ができるのですが釣り竿メーカーの富士工業で作られているので、十分安心感はあります。

パックロッドのトラブル「カバーの干渉で折れる」の対応

穂先が折れる原因としてもう一つ穂先カバーが干渉することがあります。これにより穂先の破損が早まってしまう声は多いようです。こちらの対応方法としては、磯竿用などについてくる長いカバーに変えることで干渉を抑えられ、破損を防ぐことができるようです。

スタイルに合ったロッドを見つけて快適に!

コンパクトで扱いやすいパックロッド。沢山種類がありどれを使っていいかわからない人も多いと思いますが、幅広く対応できるものから特化しているものまで様々です。自分のスタイルに合った物を見つけて、より釣りを快適にして楽しめるように、選ぶ際には今回の情報に注目して選びましょう。

ライトゲームロッドのおすすめに関する記事はこちら

シマノのシーバスロッドに関する記事はこちら