鯛カブラについて知ろう!仕掛けやタックルのおすすめや釣り方をご紹介

鯛カブラはタイラバとテンヤの間に当たる釣り方で、初心者の方にも簡単にはじめることができます。簡単かつ奥が深くゲームフィッシングも行われるほどです。この記事では初めての方にも向いている仕掛けやタックルの選び方や、釣り方をご紹介します。

この記事をかいた人

釣りやキャンプなどの記事を書いています。子供の頃から海の近くに住んでいて、アウトドアな遊びが大好きです!

鯛カブラとは

もともと鯛ラバとは呼び方が違うだけで同じものでした。現在は、鯛ラバと流行のテンヤの中間の釣りかたが言われてます。基本的な動作はそれらの2つと同様です。具体的にはどのようなものを指すのか説明します。

仕掛けの一種

簡単に言うと、ヘビーなタイラバとライトなヒトツテンヤの間の仕掛けを指します。 シルエットは丸型や三角形のものがあり、スピード重視の特性を持っています。初めてでも扱いやすいのが特徴です。

テンヤとタイラバのいいとこ取り

ヘッドが丸型のものや偏平な形のものがあり、カラフルなヘッドなのが特徴です。基本的な釣りの動作も同様なので、迷ったらこちらを買うことをお勧めします。双方の間をとったような仕掛けなので、どちらか一つを持っている場合は補填的に使用することもできます。

初心者におすすめ

初めての場合なかなかフォール(投げる)の動きを真似するのは難しく、どうしても何度も経験しながらコツをつかんでいくことが必要になります。この仕掛けはそのような動作も簡単で扱いやすいのでとくに心配もなく、初めてでも釣りを楽しむことができます。真鯛の釣りかたについては様々です。以下の記事でも紹介しているのでご参考ください。

鯛カブラの仕掛け

では、いざ購入する際にどういったものを選べば良いのか、釣具店では沢山の商品を扱っているので初めて挑戦する方は迷ってしまうと思います。そこで、商品や選び方などをご紹介します。

遊動式がおすすめ

PEラインは直接には接続せず、フロロカーボンの2号をリーダーとして使用するといいでしょう。 重さは着底が確認出来るまで、錘で重くするのが基本です。実際は釣りをする際は、複数の重さを用意して臨みます。

仕掛けの選び方

オススメの色はカブラが赤、ネクタイがオレンジのものが向いています。カブラの重量は水深に合わせてチョイスしましょう。目安としては、水深=重さです。水深が20mの場合は20gというのが王道ですが、船に乗る場合、腕のいい船長であれば潮と同調させて流してくれますのでもう少し軽めでも大丈夫です。

鯛カブラにおすすめな仕掛け

NEXT 鯛カブラにおすすめな仕掛け