ジャークベイトのおすすめ15選!使い方やジャークの方法もご紹介!

春の釣りに活躍するジャークベイトは、ジャークというアクションを行う際に使用されるルアーの一種です。様々なメーカーから販売されており、たくさんの数があります。この記事ではジャークベイトの使い方やおすすめを紹介します。きっとあなたのお気に入りが見つかるはずです!

この記事をかいた人

ルアー釣りが好きで、ブラックバスとトラウトが対象魚です。疑似餌を使って魚の気を引くことに楽しさを感じます。埼玉県在住で、霞ヶ浦や栃木県の管理釣り場によく足を運びます。

ジャークベイトとは

ブラックバスが小魚をエサとしているときに、非常に効果的な釣り方があります。竿を煽るように操作して、ルアーを上下左右に大きく動かすテクニックをジャークといいます。この動きを快適に行うことができるように作られたルアーがジャークベイトです。

ジャークベイトとはルアーの一種

ミノーとジャークベイトの形状による違いは、ほとんどありません。どちらも細長い小魚のようなボディをしていて、口元にリップがついています。日本では、普通に巻いて使用する場合をミノーといい、ジャークをメインで使用するときにはジャークベイトといいます。

ジャークとはアクションのこと

ジャークの操作をすると、ルアーはまるで追われて逃げ惑う小魚のような動きをします。このアクションは独特のパワーを持っていて、一通りのルアーを投げて何の反応も得られなかった後に、ジャークをすると突然バスがアタックしてくるような状況があります。

ジャークベイトの使い方

ジャークベイトを扱うときには、こちらから動きをつけてあげる必要があります。スライド幅の大小やジャークのテンポに変化をつけて、パニックになって逃げる小魚を演じるように操作していきます。

ジャークとトウィッチ

ジャークは、大きく竿を煽って水の中で立体的に動かします。それに対してトゥイッチは、竿先を軽く動かしてルアーの首を左右に振らせるように操作をします。レンジを大きく変えずに、短い距離でバスを誘うようなイメージです。

ジャークの方法

リールを巻きながらロッドを煽るように動かすことで、ルアーが横方向に加えて縦方向にスライドします。糸ふけを上手く巻き取りながら、この動作を繰り返すことで、左右に大きくダートし続けます。2、3回動かして1回止めたり、動く幅を変えたりと色々試しながらジャークしてみましょう。

ジャークベイトの出しどころ

ジャークは、季節を問わずにバスを手にすることができるアクションです。ただし、ベイトが多い時期・エリアで行った方がより効果的です。主なエサがエビなどの甲殻類のときには、反応が薄いときがあります。小魚の気配があるとき、もしくはプレッシャーが高い場所で独特な動きによるリアクション狙いの使用が有効的です。

ジャークベイトのおすすめ15選|ラッキークラフト ビーフリーズ

NEXT ジャークベイトのおすすめ15選|ラッキークラフト ビーフリーズ