ティピーテントの作り方解説!キッズも犬も大喜びの手作り秘密基地を室内に!

最近見かけることが増えてきたティピーテント。実は室内でキッズ用や犬の隠れ家やインテリアとして手作りを楽しんでいる人も多いんです。今回は意外と簡単なティピーテントの作り方をご紹介。ティピーテントを買おうか迷っている方もまずお家で手作りティピーを試してみては。

この記事をかいた人

炭酸と申します。趣味は絵を描くことで、キャラクターをよく描いてます。よろしくお願いします。

ティピーテントとは

名前の通り簡易的な家屋として寝泊りなどをするのが目的のアイテムですが、冒頭で少し触れたように近年はアウトドアではなくインドアでも使われることが増えています。円錐状の形をしており、子供から大人まで見るだけでワクワクするような個性的な見た目が一番の人気の理由であり、最大の特徴ともいえます。

アメリカ先住民の移動住居

テントは古くから簡易的な住居として使われていたとされていて、有名なものだとモンゴルの遊牧民などが挙げられますが、この円錐型のテントも例外ではなくて、アメリカの先住民であるインディアンが使用していたとされています。木の棒などを円錐状に組み、その骨組みに布を被せたものがこれで、移動しやすいような簡単な組み立て工程になっています。

おしゃれで可愛いで人気上昇

見た目が性別年齢関係なしにワクワクや可愛いといった楽しい気持ちにさせてくれたり、設営が簡単で少人数でも女性でも立てることができるところが評判で、屋外でも様々な場面で使用されています。また人が多い所でも目立つというのも一つの利点です。

キャンプで

キャンプ場にあるテントの中で一番多いのは一般的なドーム状のものですが、中にはティピーを常設しているキャンプ場もあり気軽に体験することができます。

野外フェスで

キャンプフェスなどの野外でのイベントにも最適で、その理由としては組み立てが簡単で移動がしやすいという点と目立つという点が挙げられます。フェスの内容によっては移動が多かったり、また野外のため雨が降ることも考えられるので、素早く設営や撤去が可能なのは大きなメリットです。また幅広いカラーの生地があるので形と合わせて大いに目立ちます。

ティピーテントを室内に置くという発想

この発想は海外の家族が始まりで、その様子がSNSを通して全国に広まり一気に人気なりました。インテリアのアクセントとしてだったり、子供の遊び場、ペットが休む場所として設けられます。サイズは様々で目的に応じて選ぶことができ、部屋があまり大きくなくても小さいものを選べば問題なく設置することができます。

犬や猫の隠れ家として

このテントは周りが囲まれていて狭い空間を作ることができるため、ペットが隠れて休む場所として最適です。ストレスを感じたペットが休憩するときに選ぶのがこういった空間なので、ペット用に設ける場合は体の大きさに合わせて狭くなるようなサイズにすると良いです。

子供の遊び場として

NEXT 子供の遊び場として