オオウナギってどんな味?生態や料理、飼育方法に釣りまで総まとめ!

オオウナギは日本で最大級のウナギの仲間です。オオウナギは食用として食べられていたり、釣りの対象魚として楽しまれるなど、実は大変人とつながりのある魚です。しかし、地域によっては天然記念物に指定されているなど、知られていない情報もたくさんあります。詳しく紹介しましょう。

この記事をかいた人

釣り・キャンプの記事を中心に書いています。

オオウナギはどんな魚?

言葉を見ればほとんどの人が大きなウナギのことだろうと思うでしょう。もっと詳しく知りたいという人のために、まずは簡単にざっくりとした知識を紹介していきます。それによってさらに知識を深めていくときに飲み込みやすくなるでしょう。

ウナギの中では最大級

正確に言うとウナギは1匹の魚の名前ではなく、ウナギ科ウナギ属に属しているすべての魚のことを言います。世界的に見ても19種類ものウナギが確認され、そのうち食べ物として用いられているのは4種類あり、ウナギの中で一番大型の種類となります。

謎の多いその生態

一般のウナギは生態についての謎が多い魚でもあります。産卵する場所を特定したのもそこまで昔の話ではなく、川からどのルートを辿って産卵に向かうかも謎のままです。オオウナギもウナギと同様で謎が多く、特徴である大きさについても、何故そこまで大きくなるのかはわかっていません。

食べても釣りでも楽しめる

一般のウナギは食べることができますが、オオウナギの方はどうでしょうか?実はこちらの魚も食用として食べることができます。それも誰もが一度は見たことがある蒲焼きや白焼きといった料理で食べられるのです。釣りに関しては後の見出しで詳しく見ますが、とてもやりがいのある釣りができて楽しめます。

オオウナギの基礎知識

前に書いた大見出しの中では、どんな違いがあるのか?ということを非常に簡単ですが紹介していきました。こちらの見出しからは基礎知識ということで生息地、生態、見た目といったところをもう少し詳しく見ていきます。

分類

NEXT 分類