ヤマノケの怖い都市伝説!女に憑く山の化け物の正体とは?

ある男性が、ヤマノケという化け物に出会った時の体験が元になった怪談話です。どんな化け物なのか、見た目や目撃された場所、そしてその化け物に出会うと何が起きるかなど、恐怖体験をもとに笑い話にならないヤマノケの話を考察していきます。

この記事をかいた人

か弱きアウトドアファン。もう少し体力をつけて、ディープなアウトドアにも挑戦してみたいです。気軽にアウトドアを楽しんでもらえるように、分かりやすい記事を作成できればと思います!

本当にあったヤマノケの話

nmagwood / Pixabay

みなさんは「ヤマノケ」の話をご存知でしょうか。平凡な親子が、とある山道をドライブしている時に体験した、なんとも気味の悪い恐怖体験。当事者の男性がインターネット上で語り、多くのオカルトファンによって拡散され有名な話となりました。

ヤマノケは2chで有名な怪談話  

TheDigitalArtist / Pixabay

日本最大の電子掲示板2chには、日本中から、不思議で不気味なオカルト体験が日々書き込まれています。この話は、2chの中でも長い間語り継がれている恐怖体験。リアルな描写と、未解決のまま書き込みが終わっている点が、後味が悪くなんとも気味の悪い話です。

ヤマノケの話とは?  

rgerber / Pixabay

ある親子がドライブを楽しんでいました。父親のイタズラ心から、娘を少しだけ驚かそうと、舗装されていない山道へと進みますが、突然車が動かなくなってしまいます。疲れて寝てしまった娘と共に、一夜を車内で過ごそうとしたに男性に「ソウ・テン・メツ…」と、音とも声ともつかない言葉が聞こえてきます。すると白い体に一本足という異様な姿をした何かが手を異様にバタつかせ、まるでケンケンをしているように近づいて来るのです…。

男性は叫びたい気持ちをぐっと堪え、やがてソレは通り過ぎたようでした。しかしふと娘を見やったその時、助手席の窓の外に「ニヤニヤ」と気持ち悪い笑みをたたえ、娘を見つめる顔が。「この野郎!」と叫んだ瞬間、娘がビクッと体を跳ねさせます。驚かせてしまったかと娘に詫びようとするも、「ハイレタハイレタハイレタ…」と呟く娘。そして、まるであの化け物のように「ソウ・テン・メツ…」を呟きだします。やっと動き出した車で近くの寺に駆け込むと、住職は「ヤマノケに憑かれたのだろう…」と。49日以内に祓えなければ一生正気が戻ることはないと言われます。「一週間経った今でもニヤニヤと自分を見る娘の様子は、あの時から変わがない…」というところで掲示板の更新は終わっており、その後娘さんがどうなったかは追記されていません…。

ヤマノケの姿かたち

TheDigitalArtist / Pixabay

その姿とは、私たちの理解には到底及ばないおぞましい姿だったそうです。体は真っ白。一本足で、こちらに向かってくる様は、まるでケンケンをしているよう。両手はデタラメにバタバタと激しく振り回して、おおよそ人間や、その他の動物とは思えない異様な形をしていたそうです。

ウルトラマンのジャミラ  

姿形は、ウルトラマンに出てくる「ジャミラ」という怪獣のキャラクターに似ているとのこと。ジャミラと言えば、体色は白かグレーのような色。頭と首がなく、顔が胴体部分にあるのが特徴的です。ジャミラには両手両足がありますが、ヤマノケには足が1本しかない様子。

顔が胸の位置にある

 

ジャミラ同様頭と首が無く、胸の位置に顔が付いていたとのこと。私たちの想像を超える、何とも異様な姿をしているそうなのです。こんな姿形を持ったモノと、ある日突然遭遇してしまう事を、誰が予想出来るのでしょうか。

ニタニタ笑う顔  

遠くからは頭が無いように見えたのに…。近くで見たソレは、人間の胸に当たる部分に顔が付いており、ニタニタと気持ちの悪い笑みを見せながら、助手席に乗っている女の子を覗き込んできたとのこと。

ヤマノケがつぶやく謎の言葉

NEXT ヤマノケがつぶやく謎の言葉