LED懐中電灯のおすすめ最強25選!強力な明るさで暗い場所ももう安心!

LEDは近年ますます注目を集めている光源です。LEDが光源として主流になりつつある今、アウトドアや災害に備えてLED懐中電灯も人気のアイテムです。LED懐中電灯の性質や選び方をしっかり確認してアイテム選びに役立てましょう。

この記事をかいた人

旅行が好きなアウトドアライターです! アウトドア記事を書いているとキャンプがしたくなってきますね。 大学休学中にスペインを一か月かけて歩いて横断したのが忘れられない思い出です。 好きな料理は牛肉の赤ワイン煮込み。作るのも食べるのも

LED懐中電灯のLEDとは?

「エル・イー・ディー」の読みで一般にも浸透しているLEDですが、実はその意味をよく知らないで使っているという方も多いのではないでしょうか。LEDに関する基本的な知識をおさらいしましょう。

LEDは「発光ダイオード」のこと

LEDとは「Light Emitting Diode」の略で、日本語においては「発光ダイオード」と呼ばれます。電圧をかけることによって発光する半導体素子のことを指し、近年では様々な照明器具に取り入れられるようになりました。また、2011年3月11日の東日本大震災の教訓を受けて、日本の各家庭で節電に対する意識が高まっていることもあり、一般の方々もLED証明に対する関心が高まっています。

LED懐中電灯の特徴とおすすめの理由は?

LEDの注目度がますます高まる中、アウトドアで使用する懐中電灯もやはりLEDを使ったものがおすすめです。LED懐中電灯の使用をおすすめするメリットは以下の3つです。

とにかく明るい

LEDを使用した照明器具は、電球を使用したものよりも暗いと思われがちです。しかしながら、LEDは第三世代の明りである蛍光灯に次ぐ第四世代の明かりといわれており、従来の光源と同等、あるいはそれ以上の光量があるといわれています。

寿命が長い

従来の光源では、白熱電球なら1.000~2.000時間、蛍光灯なら6.000~12.000時間程度が寿命といわれていました。一方、LEDの寿命は4~6万時間程度と、これまでの明りと比べて圧倒的に寿命が長いです。LED懐中電灯もその例にもれず、長いものでは10万時間という耐久時間を持っており、長年にわたって使用することのできる光源であるということがお分かりいただけると思います。

熱の発生が少ない

LEDは、従来の光源と異なり、発光しても熱を発することがないという性質があります。光自体にも赤外線がほとんど含まれていないため、照射したものが熱くなることもなく安心して使用することができます。(記事後半で紹介する大光量のものは例外です。)ただし、LEDを設置してある基盤は多少発熱するため場合によっては放熱が必要になります。

LED懐中電灯の豆知識!その1 光を測る基準とは

これまで、白色電球などにおいては光の明るさの基準としてワット(W)を用いられることが多かったのですが、LEDの登場によりワットを用いた表記を見直す動きが現れました。というのも、ワット自体はもともと明るさの単位ではなく消費電力を示すものなのです。消費電力がはるかに少ないLEDを同一の尺度で測るということに無理が生じた結果だったわけですね。では、LEDライトで明るさを示す単位として用いられる単位についてみていきましょう。

明るさを比較する3つの単位

NEXT 明るさを比較する3つの単位