ほったらかしキャンプ場で絶景と星空を堪能|温泉で癒されキャンプを楽しむ

施設の魅力3:電源も利用可能

ColiN00B / Pixabay

ほったらかしキャンプ場の全サイトには電源ボックスがあり、使用料1000円で利用することができます。ホットプレートや炊飯器などで調理したり、冬には暖房器具やホットカーペットなどで暖をとったり、携帯電話やパソコンなどを充電したりと大変便利に使うことができます。ただし800Wまでなので使用量には注意しましょう。

ほったらかしキャンプ場の魅力②自然

ほったらかしキャンプ場は標高約700mの位置にあり、そこから眺めることのできる大自然はまさに絶景と言えます。実際に行った人の口コミでも必ずと言っていいほど景色については触れられており、非常に満足度の高いポイントです。

自然の魅力1:富士山を望める大パノラマ

ほったらかしキャンプ場は南向きの斜面に作られていて、ちょうどほぼ真南の方角に富士山がのぞめる絶好のロケーションとなっています。甲府盆地に囲まれるような場所なので、眼下には甲府市や山梨市などの市街地、遠くには山々があり、天気が良ければ突き抜けるような青空とともに大変気持ちいい開放感を味わうことができます。

自然の魅力2:雰囲気溢れる市街地の夜景

昼間は遠くの山々がのぞめる開放感あふれる景色である一方、日が暮れた後に見ることができる夜景もまた絶景です。それもそのはず、キャンプ場の近くにある笛吹川フルーツ公園からの夜景は新日本三大夜景にも選定されており、さらにそこより標高の高い位置から同じ夜景を見ることができるのです。夜景をながめながら飲むお酒は格別なものです。

自然の魅力3:遮るものがない迫力満点の星空

眼下には市街地の夜景が広がっていますが、空を見上げてみると満天の星空も見ることができます。山の中で周りに明かりや高い建物がないため、天気が良ければさながら天然のプラネタリウムのような星空が広がっています。

ほったらかしキャンプ場の魅力③ほったらかし温泉

キャンプに行ったらお風呂には入れない、または狭いシャワー室でささっと入らなければ、というイメージはありませんか?しかしほったらかしキャンプ場では近くにほったらかし温泉という温泉施設があり、キャンプに行きながら温泉に入ることもできるのです。ここも絶景が人気の温泉で、心だけでなく体の疲れも癒すことができます。

ほったらかし温泉の魅力1:こっちの湯

ほったらかし温泉の元湯で、木と岩でできた露天風呂と木の香り漂う内湯があります。常連さんにはこっちの湯のほうが人気だそうです。1999年のオープン当初からあり、露天風呂では正面に富士山、眼下に甲府盆地が広がっています。営業時間は10:30~17:00(土日祝は22:00)で、冬季は設備を休めるため平日は休業となります。

ほったらかし温泉の魅力2:あっちの湯

2003年にオープンした新湯で、こっちの湯の2倍ほどの大きさがあります。露天風呂からは右寄りに富士山、左手には日本百名山のひとつ大菩薩嶺がのぞめ、大きめの湯船でゆったりと景色を楽しむことができます。

あっちの湯のポイントは営業時間で、なんと日の出の1時間前から22:00まで営業しているのです。そのため、湯船につかりながら日の出を拝むことができたり、満天の星空の下でお湯につかったりすることができます。

NEXT ほったらかし温泉の魅力3:おいしいグルメ