釣り糸の種類を知れば一人前!特徴や使い分けを徹底解説します!

おすすめのリーダー

ルアーフィッシングでは大きい魚や根が荒いところを攻める際に、メインラインの先にリーダーを結束して狙う場合があります。特にエステルラインや、PEラインはリーダーが必須です。おすすめのリーダーを紹介しましょう。

ナイロンリーダー

サンヨーナイロン:ソルトマックスショックリーダー

サンヨーナイロン ショックリーダー アプロード ソルトマックス ショックリーダー タイプN ナイロン 50m 50lb ナチュラルクリアー

Amazonで見る

ナイロンラインの特性を活かし、しなやかでスプールへ巻き込んでもトラブルを起こしにくく、太いラインでも結びやすい、そして根ずれへの強度を上げた製品になります。クリアーカラーでいろいろな魚種に対応しています。

フロロリーダー

東レ:パワーゲームルアーリーダーフロロ

東レ(TORAY) パワーゲーム ルアーリーダー フロロ 30m 4LB

Amazonで見る

アジやメバルから、シーバス、青物まで広く対応したリーダーです。張りやコシといった特徴を活かし、伸びを抑えて擦れに対する強度を上げています。信頼の東レ製で特にシーバスゲームにおすすめです。

ルアーで狙うおすすめの魚たち

ここではそれぞれのラインの特徴やメリット、デメリットも含めたうえで、それぞれのラインを使ったおすすめのルアーで狙うターゲットを紹介します。対象魚によって、向いているラインを使って釣果に結びつけましょう。

ナイロンライン:バス

エサ釣りからルアーまで、何にでも使用できる万能性が持ち味ですが、特におすすめするのがバスフィッシングです。ルアーはキャスティングする釣りなので、トラブルの少なさなど、キャストのしやすさを取ればこのラインの右側に出るものはないでしょう。

フロロカーボンライン:シーバス

シーバスはシーバスでもおかっぱりでキャストをする釣りと違い、冬の時期に東京湾などでボートからのシーバスジギングにおすすめです。伸びがなく、比重も高いので水馴染みが良いのでフォールでアタリをとるシーバスのジギングにとても向いています。

NEXT エステルライン:アジング