謎に包まれたサンジェルマン伯爵とは?不老不死の男?時空の旅人?

謎に包まれたサンジェルマン伯爵をご存知ですか?様々な時代に出没し、見た目が変わらないことから不老不死の男と言われて、時空を旅するタイムトラベラーとも言われている人物です。彼はいったい何者で現在は?サンジェルマン伯爵について詳しくご紹介します。

この記事をかいた人

日本の四季を楽しむことができる料理と旅行が大好きです。

サンジェルマン伯爵とは

サンジェルマン伯爵はヨーロッパで実在したと言われていて、さまざまな伝説と才能に関する多くの記録が残されています。数々の謎にみちたサンジェルマン伯爵の人物像について一つ、一つ、探ってみましょう。

多くの外国語を話す

多くの外国語に堪能で、フランス語をはじめ、英語、ラテン語、ポルトガル語、ドイツ語、アラビア語、中国語など約12か国語を自由にあやつる語学力の持ち主で、外人でありながら王の密使として外交で国外へ行くことが多く、妬みの対象にもなったようです。

財産が膨大にあるお金持ち

質のよい貴金属や宝石類が縫い付けられた彼の身につけている装飾品や衣装は、サロンでの人々の興味の対象であり、いろいろな噂が広まったとされいます。彼の持つ金や宝石類に関してのエピソードはいくつかありますが、そのどれもがこれらは自分が作った物であり、購入した物ではないと言っていたので、彼の持つ宝石の数の多さから莫大な財産の持ち主ではないかと思われていたようです。

多芸多才で経験が豊富

才能は語学だけでなく、音楽に関しては、バイオリンや発明されて間もないピアノを弾きこなすことができ、絵画に至っては画家が彼に教えを請うこともあったと言われています。絵画、音楽、化学と多岐にわたって精通し、高度な教養をも身につけていて、話し方も紳士的だったそうです。高度な技術を要する絹や革製品の染め物技術もできたことから、有能な化学者として認められていました。

錬金術師

王族の所有するシャンポール城と、その付属施設を研究室・作業場として使用許可を得て錬金術の研究をしていたようです。ここで錬金術を使ってダイヤモンドや金を作っており、錬金術師が求める「賢者の石」を手に入れたのではないかと噂されても否定することはなかったそうです。女性に人気があったそうですがその理由として、「賢者の石」で作った女性の肌を若返らせる「生命の水」を持っているからとの噂があったとされています。

錬金術とは

紀元前1世紀ころ以前にエジプトからヨーロッパへと広がった卑金属を人工的手段によって貴金属の金に変えようとする化学技術で、古代ギリシャのアリストテレス達は「万物は火・気・水・土の四大元素から構成されている」という考えから卑金属を貴金属に変成させる「錬金術」が生まれました。その錬金術における究極の物質が「賢者の石」です。

全盛をきわめた錬金術

エジプトのアレクサンドリアを中心とした秘教化学において発展し、アラビアを経て10世紀頃に確立され、ヨーロッパに広がっていきました。14~15世紀に全盛をきわめた錬金術は、化学的側面と魔術的側面をあわせもち、近代化学の先行形態とされる反面、不老不死の仙薬を得られるといった魔術的、呪術的要素が社会への影響を考慮されたそうです。

錬金術における至高の物質「賢者の石」

NEXT 錬金術における至高の物質「賢者の石」