レッサーパンダの威嚇にみんなメロメロ!可愛すぎる姿にファン急増中!

レッサーパンダといえば、動物園でも大人気の可愛い動物です。愛くるしい見た目も人気のポイントですが、何より可愛いのはなんと威嚇姿!可愛さで威嚇するレッサーパンダの魅力を徹底解説しちゃいます!

この記事をかいた人

日本の四季を楽しむことができる料理と旅行が大好きです。

レッサーパンダってどんな動物?

可愛い見た目のレッサーパンダですが、どんな所に生息していて、どのような特徴があるのか知っていますか?

ここではよりこの可愛い動物をを知っていただくための基礎知識として性格や習性、生活環境などをご紹介していきたいと思います。

体長60㎝程の小型の哺乳類

体長50~65㎝、尻尾の長さ30~60㎝、体重3~6㎏で、体から足の裏までも毛で被われていて、全身の毛は長く柔らかくフサフサです。体の色は、背中が赤褐色で、お腹と四肢、耳の外側は黒い色をしています。そして口のまわりや頬、耳の外側の縁が白い色をしていて、しっぽに淡褐色の縞模様があるのが特徴です。

夜行性で温和な性格をしていて、樹木に臭いをつけたり排便をして縄張りを主張します。木登りが得意で、木から降りることもできるくらい上手です。

インドや中国に生息

主な生息地としてはインドの北東部やネパール、ミャンマーの北部といったヒマラヤ山脈からホントワン山脈にかけて分布しているとされています。

以前は中国の北西部の甘粛省や南西部の貴州省に生息していたようですが、絶滅したと考えられているようです。

元々は「パンダ」と呼ばれていた

「パンダ」は現在、一般的には「ジャイアントパンダ」を指しますが、ジャイアントパンダが発見される以前はレッサーパンダを「パンダ」と呼んでいたのです。

ジャイアントパンダが発見されてから小さいパンダという意味で、レッサー(小さい)をつけて呼ぶようになりました。大きさの他に、木の上で生活することが多いということもジャイアントパンダと違うところです。その他、名前に「パンダ」がつく動物に興味のある方はこちらもご覧ください。

レッサーパンダは可愛い!ツイッターでも話題!

写真や映像でもかわいさは十分に伝わってくるこの可愛い動物は現在、ツイッターでも話題となっています。

ではどのようなところに人々が惹きつけられ、堪らなくかわいいと思うのかを検証してみたいとおもいます。

まん丸な目にふわふわの体

一番の魅力は何と言ってもぬいぐるみのようなフワフワの毛につぶらなまん丸い目。見てるだけでも毛のフワフワ感が伝わってきて、触りたくなる衝動にかられます。

そして、このまん丸の目のまわりの模様がタレ目のように見えるから、何となくお惚け顔に見えてより愛くるしくみえるのではないでしょうか。

じつは怠け者?だらけるしぐさが堪らない!

夜行性、薄明薄暮性ということもあり、昼間は休んでいることが多いことから、怠け者のように見られてしまうこともしばしば。 でも、こんな時の表情やだらけたような仕草は堪らなくかわいいんです!眠たいような、何となくダルそうに見える表情には誰もが癒されてしまうことでしょう。

仕草がとても愛くるしい

特に可愛い仕草を見れるのがご飯タイムではないでしょうか。飼育員さんにおねだりをして小さな手で抱えて可愛い舌でペロペロしながら食べる姿は何とも愛くるしく、観ているだけで癒されて、思わず微笑んでしまいます。

レッサーパンダは可愛すぎる威嚇姿で一躍大人気に!

NEXT レッサーパンダは可愛すぎる威嚇姿で一躍大人気に!