ウェザーマスターはコールマンの傑作品!高評価されるその魅力を大公開!

ウェザーマスターといえば、コールマンの代表的なテントの一つです。日本の気候に合わせた全天候型テントは季節を問わず1年中楽しめると大評判です。まさにコールマンテントの最高峰ともいわれるウェザーマスターシリーズを今回は徹底分析、その魅力について詳しくご紹介します!

この記事をかいた人

旅行が好きなアウトドアライターです! アウトドア記事を書いているとキャンプがしたくなってきますね。 大学休学中にスペインを一か月かけて歩いて横断したのが忘れられない思い出です。 好きな料理は牛肉の赤ワイン煮込み。作るのも食べるのも

コールマンのウェザーマスターについて知ろう

アウトドアといえばコールマン。日本でアウトドアを楽しんでいる人ならばまず知らない人はいないであろう超有名メーカーであるコールマンは、100年以上の歴史を持つ老舗のメーカーです。そのコールマンから、日本のアウトドア向けに特化してデザインされているウェザーマースターについてご紹介していきましょう。

コールマンは老舗のアウトドアメーカー

1900年にウィリアム・コフィン・コールマン氏によって設立されたコールマンは、日本ではアウトドアに精通していない人でもその名前を知っているほどの老舗アウトドアメーカーです。1914年からガソリン式ランプを自社生産するようになり、1923年にはキャンプストーブを開発。そのブランドの名前を徐々に広めていったのでした。

コールマンが日本に上陸したのは1976年のこと。現在ではコールマンの日本法人が設立されており、日本向けにデザインされた製品も多く取り扱われています。100年以上にわたって蓄積されたノウハウと実績によって、その製品の品質や信頼性は業界でもトップクラス。

コストパフォーマンスに優れており、扱いやすいギアが多いことから、初心者でも安心して購入することのできるラインナップが豊富です。

ウェザーマスターは日本の気候に適したギア

そのコールマンから、日本での理想的なアウトドアを追求した結果として、2004年からシリーズ展開されているのがMASTER SERIES(マスターシリーズ)です。

特に、日本の高温多湿な気候に合わせてデザインされているWHETHER MASTER(ウェザーマスター)は、コールマンのラインナップの中でも最上位モデルとして展開されており、「キャンプギアの一つの到達点」とまで言われるほどの性能を備えています。

ウェザーマスターシリーズテントの2つのデザインコンセプト

ウェザーマスターシリーズのテントには、「ブリーズドーム」と「4シーズンズ」という2つのデザインコンセプトが存在します。いずれのテントも、このどちらかのコンセプトに沿って設計されており、日本の気候に合わせて快適に過ごすことができるような工夫が随所に施されています。

BREATHE DOME(ブリーズドーム)

こちらのシリーズは「BREATHE DOME(呼吸するドーム)」の名前からもわかる通り、通気性・換気性に特化したデザインが施されています。夏場でもカラッと晴れ上がるわけではなく、じめじめとした蒸し暑さが特徴的な日本は、温帯湿潤気候(あるいは冷帯湿潤気候)に属する国です。

このシリーズのドームは、そのような日本の蒸し暑い夏の気候に対応することができるように、ベンチレーション機能やコットン生地を取り入れることによって、さらりと快適な室内空間を作り出すことができます。

4SEASONS DOME(4シーズンズドーム)

一方こちらのシリーズは、「4SEASONS」すなわちオールシーズン対応型です。ブリーズドームと同じベンチレーション機能を備えながら、冬の寒さからキャンパーを守るための工夫が施されています。

春・夏・秋・冬それぞれの季節で快適に過ごすことができるように設計されており、優れた耐風性能や強い日差しをカットするコーティング、寒い隙間風を遮断するスカート、換気機能、結露防止機能など、あらゆる機能がバランスよく盛り込まれているシリーズです。

ウェザーマスターの魅力

2つのコンセプトからなるウェザーマスターシリーズ。日本の気候に適応したテントは、細やかな部分への配慮が垣間見える、様々な工夫が施されています。

オールシーズン楽しめる

NEXT オールシーズン楽しめる