根掛かり知らず!?根魚玉のインプレや使い方を徹底解説!

根魚玉は根魚に特化して設計されたジグヘッドです。根魚を効果的に誘う形状は、今までのジグヘッドとは全く違う使い心地を体験できます。この記事では根魚玉の特徴やインプレ使い方などを紹介します。根魚玉と相性のいいワームも紹介するのでぜひ最後までご覧ください!

この記事をかいた人

フロロもPEも無い頃からの釣り好きじじです。陸っぱりからのロックフィッシュやライトゲームが気軽に出来て好きです。 殆どの人が知らない信州の穴場で大和イワナと会う事を毎年楽しみにしているテンカラ師でも有ります。

根魚玉とは

常に私達の興味を引くアイテムを発表してわくれる天才とも奇才とも言われています、村上晴彦さんのブランド issei「一誠」の製品です。まぁ何なんでしょねコレ、見たこと無い形状です、ですけどなかなか面白いネーミングです。

根魚玉は一誠が販売するジグヘッド

奇天才村上晴彦さんが試行錯誤の末完成したのが、この可動型のオフセットジグです。直リグやテキサスなど今までのジグヘッドの殆んどはオモリ部分の形状が丸味の有る物でした。丸味が有るので岩やテトラポットの上に乗ると傾斜や波の影響で安定せず簡単に転がってしまいます。その弱点を克服するべく開発されたのがこのジグヘッドなのです。

根魚玉は根魚に特化している

釣りでつきものなのが根掛かりです。皆さんも経験がお有りの事と思います。このジグヘッドは根掛かりを少なくする事に重点を置いて開発され出来上がったのがこのユニークな形状なのです。岩や藻などの密集している岩礁帯を思い切って狙ってみませんか。

根魚玉の形状

いったいどの様な研究を重ねるとこんな形状が産み出されるのでしょう。傾斜や波の影響を受けにくい形状はどういう形なのか、実釣に実釣を重ねてついになんともユニークな形状のこのジグヘッドを完成させたのでしょう。これまでの直リグやその他の製品の欠点を補った画期的なジグヘッドについて順を追って詳しくご説明していきます。

根魚玉で狙える魚

勿論主なターゲットはカサゴやキジハタなどの根魚が中心になります。ですが砂地が多く点在しているようなフィールドでしたら、ヒラメやマゴチなども狙えます。ナブラが近くに起ったらナブラ目掛けて一投してみて下さい、タイミングが合えば青物に出会う事が出来るかもしれません。

根魚玉は根魚がベスト

海中のエビや蟹などの甲殻類を模した演出をイメージして魚を誘います。ボトムを中心に攻めますので狙いはもちろん根魚が主になります。中層を狙いたい時はスイミングタイプも発売していますからシャッドテールタイプのワームと組合せて使うと狙い易いです。こちらはのち程ご説明します。

根魚の種類

日中は常にベタ底か岩の隙間にいるカサゴ、ハタ系の魚も同じ様な環境の所を棲み家にしていますが、ハタ系の魚は遊泳力が有るので獲物を見つけると平気で中層まで追いかけて来て捕食します。代表的なハタ系の仲間には、キジハタ、アカハタ、マハタ、オオモンハタ、アオハタなどがいます。

根魚についてもっと知りたい方はこちらをどうぞ

NEXT 根魚についてもっと知りたい方はこちらをどうぞ