【人形島】恐怖!メキシコ・ソチミルコの呪われた島の詳細や伝説を紹介

人形島、それはメキシコの内陸部の島中に人形が飾られている島です。なぜこの不気味な島ができたのか、一人の男による人形島誕生の経緯と島への行き方や訪れた人が語った怪談を紹介します。人形島の怪奇現象や金田一少年の事件簿に出てくる人形島にも触れています。

この記事をかいた人

猫を3匹飼っているライターです✨ 愛猫共々頑張っています! スキーはセミプロ並みです!

人形島とは?

人形島という名前から連想すると、何だか恐ろしいイメージがあるかもしれません。メキシコにある島ですが、確かにそこの光景は「ここにいても良いのだろうか」と思わせる雰囲気が漂う場所、呪われた島のイメージぴったりです。

メキシコのソチミルコは地図上にあるものの、地図上にはない謎多き島。ソチミルコは地図にあって、なぜ地図上にはないのか、怖さが徐々に明らかになるかもしれません。謎に包まれた人形島の詳細や伝説について紹介します。

人形島はメキシコのソチミルコにある

DEZALB / Pixabay

メキシコは乾季と雨季に分かれていますが、メキシコのソチミルコ自体は地図上に存在する世界遺産にも登録されている地域です。不思議と地図上にないはずの「人形島」と呼ばれる島があることをご存知ですか。

メキシコシティーからそんなに離れていない、車でも1時間ほどの場所にあるソチミルコです。更にそこからチャーター船で行かないといけないのですが、果たして簡単に行けるのでしょうか。そこに辿り着いた時、目にする光景はあまりにも印象的すぎる怖い光景かもしれません。

島中に人形がつるされている

人形島を目にして素敵と思う印象は少ないのではないでしょうか。「怖い」「ここにいても大丈夫なの」と思うのが、まず第一印象かもしれません。四方八方にある人形たちは新しい人形ではなく、どこか「古い」とも言える印象でしょう。

別の世界に来たようなインパクトのある光景に、驚くに違いありません。しかも一角にあるわけではなく、あちらことらに点在しています。怖さの理由の一つに、島中に人形がひしめきあい、何かを訴えるように感じるからかもしれません。

人形島は世界7大禁足地のひとつ

Hermann / Pixabay

世界3大禁足地の1つ目に、まず人形島があります。危険な場所や恐怖の地域と呼ばれていますが、日本も含め世界には多くあるのです。その理由は様々ですが、2つ目に「チェルノブイリ遊園地」ですが、こちらは有名になった原子炉の近くにあることから挙げられます。

3つ目に、1万人の人骨が装飾として使われているチェコにある「セドレツ納骨堂」です。4つ目は、西アフリカのベナンでは国教ともされているガーナに近い「アコデセワのブードゥー崇拝市場」があり、ブードゥー教を広めたとされたされる地区のあります。

darksouls1 / Pixabay

5つ目は怖い場所にも関わらず、放置されている病院跡地ですがなぜか原因不明で亡くなったいった人が多い元刑務所だった韓国の「コンジアム精神病院」です。6つ目は日本ですが、有名にもなり鉱山として数年使用されるも、火葬場、ビチなどで使用されいた長崎にある「軍艦島」があります。

7つ目も日本ですが、山梨県にある国の天然記念物であり、特別保護区の「青木ヶ原樹海」ですが、自殺者は後を絶たないのです。世界7大禁足地と呼ばれる中に、人魚島が入っていることになる恐ろしさを醸し出す場所でしょう。

その他の世界3大禁足地に興味のある方はこちらもご覧ください。

人形島誕生の経緯とは?

qimono / Pixabay

人形が飾られるようになったのは、偶然ではありません。誰かが何かの目的にために作ったのか不思議ですが、人形島が誕生した理由とは何でしょうか。様々な説がありますが、どれもが当てはまっているようで、それでいて実際は分からないミステリーなのです。

どの話が当てはまっているのでしょうか、人形島誕生には独特の秘められた歴史があるのではないでしょうか。その経緯が怖さでもあり、より近づくことを拒む理由かもしれません。

人形島誕生のきっかけは川で溺死した少女

人形を飾ったのが、ドン・ジュリアン・サンタナ氏です。何の意味もなく突然人形島を作ったわけではありません。ソチミルコ地方には、不可解な事故が発生するので誰も近づくことを拒む湖があるそうです。

その途中に流れる川付近にいたところ、少女が溺れていたため助けようとしたサンタナ氏。ところが少女は見つからず、川で溺死してしまったとされています。人形を飾ったのは、その少女のためだけだったのでしょうか。

人形島は亡くなった少女の供養に作られた

Capri23auto / Pixabay

話の中の1つに人形島に隠された過去もありますが、一番の説は溺れて亡くなってしまった少女の供養のために作られたという話です。川で姿を消してしまった少女を哀れんで、供養のためにたくさんの人形を飾ったとされている説がまず最初に言われます。

ジュリアンさんは少女を憐れみ、人形を集めて供養のために島を作ったとされています。ただし、それだけでは終わりません。少女の供養のために、と作った島こそ少女が亡くなった場所こそそうだと甥によって分かります。

人形島は50年近くの間、ジュリアンさんが集め続けた人形で埋まる

NEXT 人形島は50年近くの間、ジュリアンさんが集め続けた人形で埋まる