よく釣れると聞く「ライトワインド釣法」ってなに?釣り方や特徴を確認しよう

小型青物

メッキやワカシなどの好奇心旺盛な小型青物はルアーをダートさせるだけで集まってきます。ターゲットが大きめの場合は、ライトワインドを試して難しいようでしたら、通常のワインドタックルを試してみてください。

タチウオ

もともとタチウオ自体が通常のワインドでも好感触な反応のよい魚です。そのため、ライトワインドを試してみると、食いつきがさらによくなります。ミスバイトに困るようでしたらアシストフックを追加することで補えます。

グルーバー(ハタ系)

日中ならボトムを意識し、日が暮れてからはボトムと中層がバイトレンジとなります。特にバイトが小さいと感じるときにはライトワインドが効果的です。

ライトワインドでの推奨タックル

ライトワインドで使用するジグヘッドは通常5g程度までのものを使用します。ライトワインド専用のタックルもありますので、それを使用した方が釣りやすいです。

ロッド

感度がよく、軽やかなフッキングができるチューブラートップの「チューブラーアジングロッド」が最適です。サイズは7フィート前後がよいでしょう。ライトワインドではロッド全体をかなり激しく動かすことになりますので、重すぎないものを選びましょう。

リール

基本的には大きすぎなければ普段使っているリールを流用しても構いません。新たに用意するのでしたら、シマノ整かダイワ整で2000番クラスがよいでしょう。2000~2500番の範囲でしたら、ライトワインドに使用できます。流用し易いサイズです。

ライン

ライトワインドではロッドを動かすことでワームを左右に激しく移動させることが重要となります。そのため、PEラインで「0.2号~0.4号」の太さのものが適しています。フロロカーボンラインでもライトワインド自体は可能ではありますが、若干の伸びが生じるために感度やアクションが少々鈍ってしまいます。キビキビと動かし、飛距離も出したいのなら、PEラインです。

バスタックル

1/16オンス前後の軽量リグを扱える、L~MLクラスのチューブラーでも代用できます。

リーダー

基本的は50cm程度の長さがよいでしょう。フロロカーボンの0.5号~3.0号程度を推奨します。

NEXT ジグヘッド