コウイカエギングを始めよう!仕掛けからアクションのコツまでご紹介!

コウイカの釣り方について

好んで生息している場所や時期、釣り方をご紹介します。産卵シーズンになると浅瀬に現れ、よく釣れるようになります。バッチリ条件があえば、入れ食い状態になる事もあるでしょう。

コウイカの釣れる場所

アオリイカは根周りなど、生い茂った場所にいるのに対し、砂や泥が多い場所を好みます。そのため、堤防から海底を覗いた時に砂地のところがベストです。また常に電灯などで明るいところは小魚が寄って来やすいため集まります。

コウイカの釣れる時期と時間

産卵期は春なので、時期になると大型のものが接岸し秋ごろになると生まれたイカたちが成長してくるため、たくさん釣れることがあります。中でも寒さに強いと言われているので冬でも釣れることもあります。時間帯は、昼夜通してOKですが主に夜の方が釣れます。マズメの時間帯がベストです。

コウイカの釣り方の種類

他に、エビなどを使用した餌釣りも楽しむことができます。海底に潜む獲物を捕食するため、海底を這わせるように引くと釣れやすいでしょう。エギングでは他のいろいろな種類のイカが釣れます。初心者向けの詳細の記事はこちらをご参考ください。

コウイカエギングについて解説

どのようにエギを動かしながら誘い込めば良いのでしょうか。基本的な動作を簡単にご紹介します。

コウイカエギングの釣り方

基本的には、仕掛けを投げて着底したら、ボトムから離さないようにズルズルと引きながら巻くと釣れる可能性は高くなります。この動作自体はとても簡単ですが、根がかりしないように気をつけましょう。釣れた時は手元に寄せて、スミをきちんと吐かせてから引きあげましょう。

コウイカエギングの仕掛けを紹介

エギングの仕掛けの種類を紹介します。すべて取り入れなくても良いですが、場合によって使い分けができるので、頭の片隅に覚えておきましょう。

コウイカエギングの仕掛けの種類

主に3つの仕掛けがあります。ラインの先端にエギをつけたスタンダードなタイプのものと、ボトムを引きずる時に便利なダウンショット仕掛け。ぶっこみ釣りのように扱うキャロライナリグ仕掛けがあります。どれもすべて効果的な釣り方なので、自分に適したものを選ぶと良いです。

NEXT コウイカエギング仕掛け①:スタンダード