修道女とは?修道女の服装・性・結婚や気になる生活に迫る!

修道女フリーデは攻略が難しい?

ゲームにおいて、敵の攻撃にはパターンがありギミックと呼ばれます。そのギミックを攻略しなければ勝つことはできません。フリーデは戦闘形態がいくつかあり、それぞれギミックが異なるためかなりの高難易度ギミックになっています。また、フリーデの攻撃の中には氷魔法で動けなくさせるものがあるため、避け方もテクニカルになっています。

修道女たちの服や髪形にはタブーがある?

修道女といえば、黒い服を着て黒いベールをかぶっているイメージがありますね。ですが、正式には修道会によって差があります。特に色は夏と冬で変わる所が多いようです。ですが修道女として修業中の見習いの人たちは自分の手持ちの服を着ています。何か気を付けなければいけないルールはあるのでしょうか?

修道女たちの服について

修道女は基本的に所属している修道会より支給される修道服を着ます。修道服はゆったりした袖の、くるぶしまで裾があるトゥニカと呼ばれるワンピースに頭巾、ロザリオを着用することになっています。頭巾の形は所属する会で変わり、トゥニカと一体化している物や頭巾を余らせ、角のように尖らせるコルネットと呼ばれる物もあります。

修道女たちの気になる髪形は?

女性の修道士である修道女は頭巾の中に髪を入れてしまうのが基本です。ですので、ショートまたは、髪をアップにするなどしているようです。1962年に行われた会議にて「髪を出してもいい」となりましたが、髪を頭巾の中に入れてしまう方がほとんどのようです。

修道女たちはずっと頭巾をかぶっているの?

実はあの頭巾はウィンプルと呼ばれています。ウィンプルは白と決められており、ウィンプルの上から黒いベールをかぶります。そしてこの頭巾は寝る時など以外はずっと被らなければいけません。それは新約聖書にある「女が祈りや予言をする際、頭に何も被っていなければ頭を辱めることになる」とある事から必ず被ることになっています。

修道女が出てくる映画3選!

実は修道女が主人公となっている映画や文学作品は数多く存在します。そんな中でも名作と呼ばれる映画を3つご紹介します。ポータブルプロジェクターを使うとキャンプ場で、みんなで楽しく映画を楽しむことができます。

映画①修道女

1966年に公開されたフランス映画でアンナ・カリーナが主人公の運命に翻弄される貴族の三女シュザンヌを演じました。ディドロの小説が原作で修道院の腐敗を示す内容から上映禁止となった時期もあった問題作です。姉二人の持参金しか作れないから、と修道院に入れられた悲しい三女がいじめなどに耐え、自由を求めていく姿を描かれています。

NEXT 映画②修道女の悶え