バーベキューのお肉をより美味しく!おすすめの肉の種類から下ごしらえまで

サーロイン

背中の中央部分、リブロースとモモ肉(ランプ)に間、ヒレの外側の部分がサーロインです。肉質は柔らかく、赤身に脂が適度に入っていて、リブロースと同じくステーキやローストビーフ、すき焼き、しゃぶしゃぶに適しています。

厚切りサーロインステーキの焦がしバターかけ

筋切りをしたらキッチンペーパーで余分な水分を拭き取ります。肉にガーリックパウダー、塩コショウで下味をつけたら、網の上で両面を焼いたらバットに移してアルミホイルをかぶせて休ませます。小鍋でバターを焦がし、レモン汁を加えて混ぜ合わせたら箱状にした厚手のアルミホイルを網にのせ、焦がしバター、肉、焦がしバターの順に入れ、表面がカリッとするまで加熱して出来上がり。

カルビ

「カルビ」という言葉は韓国語で「あばら」を意味する言葉です。なので、日本語での部位はばら肉ということになります。ばら肉は肋骨についた肉で、肩の部分は少し硬めですが、焼肉に使用する一般的なカルビはお腹の部分の脂の旨味やコクがあり、口に入れるととろける美味しさがある人気の部位です。骨付きカルビをゲットしてオリジナルのタレに漬けて焼けばより美味しくいただけることでしょう。

韓国風漬込みカルビ

コチュジャン、砂糖、しょう油、ごま油、ニンニク、すりおろし玉ねぎ、ゴマの漬けダレををジップロックに入れて合わせたら、肉を入れて揉みこみそのまま一晩漬けておきます。バーベキュー当日は網で焼くだけ。焼いた肉を好みの野菜とレタスに包めば野菜も一緒に美味しくいただけます。

バーベキューのおすすめお肉②豚肉

牛肉よりも値段を抑えて、でも豪快に焼いて食べたいという時に適しているのが豚肉です。ここではバーベキューで人気の部位、ロースとバラ肉、スペアリブをご紹介します。

ロース

バラ肉の上、背中の部分で、キメが細かく柔らかい肉質は赤身と脂身のバランスのよい旨味のある部位です。豚肉の旨味を楽しめる部位なので、ポークソテーやしゃぶしゃぶ、とんかつといった料理の他、ハムにも適しています。

バラ肉

豚のお腹の部分であばら骨についている肉です。赤身と脂身の層になっていることから三枚肉ともいわれ、こってりとした口あたりでボリュームがあり、値段的にもお手頃で買うことのできる肉です。用途としては、焼肉や角煮、ベーコンなどに適している他、どんな料理にも使うことができる人気の部位です。韓国のサムギョプサルに使われている肉はこのバラ肉です。

即席ベーコン

豚バラ肉全体にフォークで穴をあけたら、ハーブソルトを肉全体に揉みこみラップをして冷暗所で約1時間程おく。ラップから取り出したら表面の水分をふき取り、スモークすれば出来上がり。

スペアリブ

バラ肉の骨がついた状態なのがスペアリブです。スペアリブは肋骨とそのまわりにある赤身肉のことで、適度に脂身もあるのでバーベキューでも人気の部位です。スペアリブよりも脂身が少ない背中部分の骨付き肉が「バックリブ」です。

マーマレードソースのスペアリブ

スペアリブにフォークで数か所、穴を開ける。ニンニク、しょう油、すりおろし玉ねぎ、マーマレード、オリーブオイル、バルサミコ酢を肉と一緒にジップロックに入れて揉みこみ一晩漬けこむ。網の上にのせて焼くだけで出来上がり。途中、焦げるようだったらアルミホイルに包んだりしてしっかりと火を入れるようにします。

NEXT バーベキューのおすすめお肉③鶏肉