太刀魚のテンヤ釣りまとめ|仕掛けの種類や釣れるコツをご紹介!

太刀魚テンヤは包み巻きが有効

イワシの目の真下からお尻の穴まではさみで切り開いて、背骨とテンヤの針の軸がくっつくように乗せて巻く方法もあります。通常のつけ方でどうにも食いつきが悪い場合は、このやり方にすると魚が怪しまず、深く食いついてくることもあります。ずれにくいのでバラしにくいです。

太刀魚テンヤのコツ|誘い方

誘い方、動作についても効果的な方法があります。近づいてこなければ釣れることはありません。まずは誘い方についてご紹介します。

太刀魚テンヤの誘い方①基本はタダ巻き

仕掛けを海底まで落とした後、電動リールのスイッチを入れて一定のスピードで巻き上げます。アタリがなかった場合は、巻きスピードに緩急が付けると良いでしょう。ただ巻きで当たらない時は手巻きでの誘いが良いこともあるので試してみてください。

太刀魚テンヤの誘い方②ストップ&ゴーで誘う

海底まで落とすのは同じですが1m巻いて止める動作を繰り返します。巻上幅を調整しながら巻いて、3~5秒を目安に止めましょう。こうすることで、食いつく時間を与えます。どの巻幅とスピードで釣れるのか、いかに早く見つけることがコツです。

太刀魚テンヤの誘い方③しゃくりは変化を付けながら!

2〜3回しゃくって、数秒止めるを繰り返し誘う方法もあります。しゃくりの幅は大小強弱つけて様子をみましょう。動かした後は、しばらく停止してみてアタリがないか確認します。いろいろ試してみるのが良いです。

太刀魚テンヤのコツ|釣り方

タナの取り方や魚が当たった時にどんな感触なのか説明します。アタリによって食いついているかそうでないか判断することができます。

太刀魚テンヤはタナが重要

キャストをしてから、底まで落とし斜めに引くことで、タナ取りができます。基本はキャスト後にカウントダウンして、表層から引き釣れるタナに合わせ、次も同じタナを攻める方法が効率が良いでしょう。

太刀魚テンヤのアタリ

食いついていない場合は、引き上げても釣ることができません。しっかり奥まで咥えこんでいるかがポイントです。アタリのアクションによって、違いがわかるようになれば、バラすこともだんだんなくなってくることでしょう。

NEXT 太刀魚テンヤのコツ|アタリ