太刀魚のテンヤ釣りまとめ|仕掛けの種類や釣れるコツをご紹介!

テンヤ仕掛けの特徴

真鯛で使用するものと同じく、錘と針が繋がっている構造になっています。ジグヘッドのような操作性で、簡単な仕掛けです。針軸に餌付け用の固定場所が付いているのが特徴で、小魚の切り身を突き刺し、ワイヤーなどを巻き付けて使用します。

テンヤ仕掛けの魅力

特別な操作は必要なく初心者でも簡単ですが、船釣りの際のタナ取りや、アワセのタイミングによってまるで釣果が変わります。腕の差が明確にでてくるあたりの奥深さは慣れたベテランでも楽しむことができ、魅力です。

テンヤ仕掛けにおすすめの仕掛け

メインはPEライン1.5〜2号を使用します。リーダーにはフロロカーボン10号かワイヤーリーダーをつけます。タチウオテンヤをスナップで固定すれば完成です。サイズは大体40号前後が多いようですが、船に乗る場合は、予約時に確認しましょう。

デュエル(DUEL) リアルヘッド 40 C1043

デュエル(DUEL) タチ魚リアルヘッド 40 C1043

Amazonで見る

  • サイズ  : 40 号
  • ウエイト : 150 g

長時間発光&赤目仕様で集魚効果も抜群です。装着も簡単なエサ止めが3点ついているので激しいアクションにも負けず抜群のエサ持ちです。

ダイワ(DAIWA) テンヤ 快適船タチウオテンヤSS 早掛スペシャル 40号 紫ゼブラ

ダイワ(DAIWA) テンヤ 快適船タチウオテンヤSS 早掛スペシャル 40号 紫ゼブラ

Amazonで見る

  • サイズ(号):40

エサ止め後ろにいくほどケンが低くなるようになっているため、イワシを固定しやすいです。ケン針の下に、ケミカルライトを取り付けるためのケミホルダーがついているので、潮が暗い時や濁りの強い時につけると効果を発揮します。

NEXT 太刀魚テンヤの種類②胴付きテンヤ