太刀魚のテンヤ釣りまとめ|仕掛けの種類や釣れるコツをご紹介!

太刀魚テンヤのコツ|アタリ

しっかり奥まで咥えこんでいる時のアタリ方の特徴を説明します。こればっかりは、初心者だとなかなか分かり難いので、経験を重ねてわかるようになっていくと良いでしょう。

①食い上げ

「フワッ」や「モワッ」としたアタリがあった場合、勢いよく食いつき、深く咥えこんでいることでしょう。この場合はしっかり針にかかっていてバラしも少ないため、焦らずに引き上げましょう。

②アタリが出ても食っていない場合がある

「コン」、「トン」、「ドンッ」というアタリの場合は、餌をつついていて食べていない状況と考えられます。興味を示したが、食いついておらず、餌から離れてしまった時の動きなので、諦めず誘い込むように動かしましょう。

③居食いについて

「ガサガサ」、「ノソー」といったアタリの場合は、動きについてきて、居食いしている可能性があります。ステイや一定速度巻きの最中にこういったアタリが来やすいです。じつは一番気付きにくいので、うまく合わせられない場合が多いので注意が必要です。

太刀魚テンヤのコツ|アワセ

餌に食いついてきたら、しっかり奥まで咥えこんでいるか確認して一気にあわせます。どのようなコツがあるのかご紹介します。

太刀魚テンヤのアワセは距離をとろう

アタリの大きさに合わせて距離を調整します。早く距離長めに巻きながら、食ってくるか確認しましょう。何も反応がなければ、距離を短くして巻くと良いです。アワセが失敗しても、まだチャンスがあるので焦らないことが重要です。少し竿先を下げて様子を見ると良いですが、下げ過ぎてしまうとリーダーを噛み切られることがあるので注意です。

太刀魚テンヤのアワセは針をひっかけるのがポイント

魚が仕掛けに触った時、竿先に微妙な重みを感じます。それを逃さずに引っ掛けることができれば、よりしっかり食い込ませることができ、早いペースで釣果を上げることができます。見極めは経験を重ねるとだんだんわかるようになるはずです。

NEXT 太刀魚テンヤのコツ|取り込み