バス釣りラインおすすめ15選!リールに合わせた選び方と種類別の特徴まとめ

ナイロンラインのメリットとは?

柔らかいためにトラブルが少ない点が挙げられます。初めて釣りをする場合、糸ふけの処理がどうしてもおろそかになってしまいます。フロロやPEといったラインは糸ふけの処理に気を配っていないとトラブルを起こしやすくなります。まずこの素材で基本を習得して色々なラインを使いわけましょう。

ナイロンラインのデメリットは?

吸水率があるので、巻き替えの頻度が高くなります。2、3回の釣行で本来の性能が失われてしまいます。また、強度に比例して太くなるので浮き草がかなり多いポイントでのフロッグゲームなど、40lb以上の強さが必要になる場合は適していません。

バス釣り向けナイロンラインのおすすめ5選

メリット、デメリットを簡単に紹介してきました。扱いやすいラインの代表格で、今では根ズレにも強い耐摩耗性能を持つラインも発売されています。ほとんどの場合このラインだけで釣りが成立します。ここでは、どんな釣り方にも対応できる万能なおすすめ商品を紹介します。

サンヨーナイロン:GT-Rウルトラ 20lb600m

サンヨーナイロン ナイロンライン 5号 20lb 600m アプロード GT-R ウルトラ ダークグリーン

Amazonで見る

商品スペック

20lb(5号)、600m巻きのラインです。硬すぎず柔らかすぎずで結束強度もあります。GT-Rシリーズの中でも耐摩耗性に特化していて、通常の30倍もの耐摩耗性があります。カラーはダークグリーンで、撥水性もあります。600m巻きで、コストパフォーマンスの面でも優秀です。

根ズレ強度最強!

フロロカーボンラインと比べても、圧倒的に根ズレの強度が優れています。ナイロンの素材ではどのラインもこのラインに敵いません。また、柔らかすぎなくライントラブルも起きにくく、飛距離や強度など、どれをとっても他のメーカーのラインよりも頭1つどころか2つ以上も抜きん出ているラインです。

サンヨーナイロン:GT-R Nスペック HM 16lb600m

サンヨーナイロン ナイロンライン 4号 16lb 600m アプロード GT-R N-スペック HM ウォーターバイオレット

Amazonで見る

商品スペック

16lb(4号)、600m巻きの製品です。ウォーターバイオレットというカラーでクリアー系のカラーです。耐摩耗性は通常のナイロンに比べ、20倍の強度を誇ります。ベイトリールはもちろん、8lbクラスのラインはスピニングリールにも適していて、バスの他、トラウトやシーバスにも使用できます。

しなやかさを持った低伸度ナイロン

ナイロンのなかでも低伸度のラインです。伸びが少なく、少し硬さもあるので高感度です。フロロと比べてしなやかなので、巻き癖もなく糸撚れもすくないのでライントラブルもなく、扱いやすいラインになっています。クリアー系のカラーでありながら、光に当たると視認性が抜群です。

NEXT ユニチカ:シルバースレッドS.A.R 20lb300m