バンコンのおすすめ16選!種類別の人気車種と魅力をご紹介!

バンコンは年々注目度を増すキャンピングカーショーの中でも人気上昇中です。ハイエースなどの箱バンを改造したバンコンは、通常の車のような乗り回しのしやすさが魅力です。今回はバンコンのメリット・デメリットを含めてその魅力をお伝えしていきます。

この記事をかいた人

旅行が好きなアウトドアライターです! アウトドア記事を書いているとキャンプがしたくなってきますね。 大学休学中にスペインを一か月かけて歩いて横断したのが忘れられない思い出です。 好きな料理は牛肉の赤ワイン煮込み。作るのも食べるのも

バンコンとは?

キャンピングカーといわれて多くの方が思い浮かべるのは、トラックのような大きな車体のものではないでしょうか。バンコンはそれよりも少し小さいコンパクトサイズで、運転のしやすさや適度な室内空間の広さが魅力のキャンピングカーです。

コンは「コンバージョン」の略

「バンコン」という名前は「コンバージョン(conversion)したバン(van)」の略です。コンバージョンというのは、つまり改造したということ。一般的に、ハイエースやキャラバンなどといったバンタイプの車種を、ビルダー(バンの改造業者のこと)が改造したものをこのように呼びます。

皆さんが「キャンピングカー」と聞いたときに思い浮かべるのはおそらく上の画像のようなタイプではないでしょうか。このようなタイプのものは、「キャブコン」と呼ばれます。こちらは、トラックの運転席部分(キャブ)を改造して作られていることから名前が付けられています。

バンコンのナンバー

また、バンコンのスペックを確認している際に、「登録番号』というものがあるのに気づくと思います。一口にバンコンといっても、実はそれぞれの規格によって、レイアウトや装備などに影響が出てくるのです。

3ナンバー

ワゴン車として3ナンバー登録するための要件として、10人以上の乗車が可能であるというものが代表的です。規格によってシートベルトやブレーキの基準が変わるので、8ナンバー車とはレイアウトに違いが出てきます。

たとえば、2017年の法改正によって、3ナンバー車は「車の進行方向に対して横向きのシート設置ができない」ことになっています。一方で、8ナンバーでは義務付けられている設備などの設置が必要ない場合もあるので、必要なものに的を絞って設置することもできます。

8ナンバー

こちらは、いわゆる「キャンピングカー」として使うための条件となります。乗車定員に対する1/3以上の人数が就寝できること、10L以上の貯水が可能であるなど、様々な要件があります。また、それにともなって、ギャレースペースや就寝設備などに制約がかかります。

バンコンのベース車両は?

バンコンを選ぶ際に重要な項目の一つが、ベースとなっている車両の種類です。というのも、バンコンは改造バンなので、ベースの車両の種類がわかっていれば、基本的な性能やサイズ感を把握することができるからです。自分がどのようにバンコンを利用するかのイメージがつかめていれば、そのイメージに合うベース車にあらかじめ的を絞っておくことで適切な選択ができます。

トヨタ ハイエース

ハイエースは、バンコンのベース車両としては最も一般的な車種です。車体が長いロングバンタイプや車幅の広いワイドタイプ、ルーフが高いハイルーフタイプなどサイズ展開があるため、好みのサイズをベースにしているバンコンに絞れば、ある程度自分の希望に合わせたものを選ぶことができます。

トヨタ ライトエース

NEXT トヨタ ライトエース