シマノカルカッタの全ラインナップと魅力・インプレをご紹介!コンクエストとの違いも

右手でジャーク、トウィッチ

左ハンドルの利点は左手でハンドルを持ちながら、利き腕の右手でロッドワークができる事です、ミノーなどのトゥイッチやジャーク、または流行のベイトフィネスでワームを微妙に動かす時には便利です。しかし、いつも右手がロッドを握っていることになり、手首等が疲労する可能性もあります。

アイテムのスペック

主なスペックですが、左ハンドル、自重が225g、ギアー比5.9、スプール径が33㎜、スプール幅22㎜、ベアリング数は5個、糸巻量はナイロンで16lb-140m,14lb-130m,16lb-100mです。ハンドルⅠ回転で約61cm巻き上げる事が出来ます。基本的に右ハンドルのスペックと変わりません。

シマノカルカッタのラインナップをご紹介!③

バスアングラーの皆さんはクランク、ミノー、スピナーベイトなどほとんどこの100シリーズでキャストが可能です。ただ、もう少し大きめの、ビッグベイトやディープクランク琵琶湖の様な広いフィールドでキャストされる方は200が適合します。

200 RIGHT

シマノ (SHIMANO) ベイトリール 12 カルカッタ 200 右ハンドル

Amazonで見る

こちらは右巻きになります。ビッグクランク、スイムベイト、スイムジグ、そしてビッグサイズのスピナベを巻き倒すにはこのリールがベストチョイスです。インプレでもありましたが、キャストフィールは最高です。

巻き心地も抜群

大型ルアーをキャストする為には”巻き心地”も重要なファクターになってきます。手のひらにスッポリ収まるボディとシマノのテクノロジーHAGANEボディーは使用者に安心感を与えるほどの巻き心地の良さを提供してくれます。

アイテムのスペック

主なスペックですが、右ハンドル、自重が225g、ギアー比5.7、スプール径が37㎜、スプール幅22㎜、ベアリング数は5個、ドラグは最大5kg、糸巻量はナイロンで14lb-150m,16lb-130m,20lb-100mです。ハンドルⅠ回転で約66cm巻き上げる事が出来ます。

シマノカルカッタのラインナップをご紹介!④

それでは、200番の左ハンドルのご紹介です。基本的な考え方は、100番と同じで、左利きの方や、ロッドのアクションを利き腕の右でつけたいアングラーの方に適合するリールです。その他の性能は右ハンドルと同じです。

201 LEFT

シマノ (SHIMANO) ベイトリール 12 カルカッタ 201 左ハンドル

Amazonで見る

200番になると、糸巻量容量は更に増大します。20lbの極太ナイロンでも100m巻けてしまいます。。ちなみに14ibであれば150mも巻けます。ストラクチャーや、ウィードの濃いエリアでも安心して、太いラインを使って果敢に攻めることが出来ます。

NEXT コストパフォーマンスが高い