シマノカルカッタの全ラインナップと魅力・インプレをご紹介!コンクエストとの違いも

コストパフォーマンスが高い

とある方は、カルカッタコンクエストをⅠ台購入するより、この機種の100と200を1個ずつ計2個を中古なら同じ出費で購入出来るのでその方がお勧めだそうです。100と200両方所持していると釣りの幅がグンと広がります。

アイテムのスペック

主なスペックですが、左ハンドル、自重が225g、ギアー比5.7、スプール径が37㎜、スプール幅22㎜、ベアリング数は5個、ドラグは最大5kg、糸巻量はナイロンで14lb-150m,16lb-130m,20lb-100mです。ハンドルⅠ回転で約66cm巻き上げる事が出来ます。

シマノカルカッタのラインナップをご紹介!⑤

そして、これからご紹介するのは、カルカッタ300シリーズです。バスアングラーが普通使うサイズは100と200の2本持ちで十分かと思います。ただ、このリールには重要な秘密が隠されているのです。

300 RIGHT

シマノ (SHIMANO) ベイトリール 13 カルカッタ 300 右ハンドル

Amazonで見る

このリールの最大巻き上げ長はなんと75cmで全ラインナップの中で最長となっております。この特性を生かして、琵琶湖をメインフィールドとするアングラーさんは、例えばアラバマリグなどを遠投しキャストサーチするには、このリールが必要です。

大物との格闘に

このシリーズになると最大ドラグの能力が7.0kgにまで一気に増えます。(200シリーズは5kg)湖の主雷魚や大ナマズまで、このリールならパワー負けすることなくファイトすることがが出来ます。

アイテムのスペック

主なスペックですが、右ハンドル、自重が325g、ギアー比5.6、スプール径が43㎜、スプール幅22㎜、ベアリング数は4個、ドラグは最大7kg、糸巻量はナイロンで16lb-210m,20lb-160m,25lb-135mです。ハンドルⅠ回転で約75cm巻き上げる事が出来ます。

シマノカルカッタのラインナップをご紹介!⑥

こちら左ハンドル版になります。ハンドルの位置以外スペックは変わっていません。これ位のパワーのリールであればパワーのあるロッドを使うと思うので、どちらでハンドルを巻きたいかというセンタ機になってくるかと思います。

301 LEFT

シマノ (SHIMANO) ベイトリール 13 カルカッタ 301 左ハンドル

Amazonで見る

パワーかなり上がったので、淡水ではブラックバスだけでなく、池の主的な、ビッグなまず、ビッグ雷魚などをも狙うことが出来ます。特にナマズは複雑な水生植物の下に潜んでいることが多いので、ロッド、リールのパワーとPEなどのラインを巻けることが前提になってきます。

NEXT 大物との格闘のPEを巻く