船釣り竿のおすすめ15選!調子・長さ・号数・硬さの選び方も解説

船釣り竿のおすすめ15選:その③

これから釣りを始める人がメーカーからたくさん出ているのでどれにしようかと迷っている人が多いでしょう。そのため長さや硬さといった選ぶための基準となるものがあると非常に便利です。この竿は今回取り上げている長さや硬さを満たしているので、そのような人におすすめです。

カストキング「Spartacus 1.98M&MH」

カストキング(KastKing) ベイトロッド Spartacus 2ピース ツインティップロッド カーボン グレー 1.98M&MH

Amazonで見る

この記事で目安にしている取り扱いやすい長さである2mに近い全長と、竿の硬さは一番活躍の幅が広くておすすめのM、さらにその一つ上の硬さであるMHの穂先が2本セットになっている竿です。価格も5000円代と比較的安価に入手できます。

入門者にぴったり

穂先が2本セットになっていて、かつ価格が5000円代にも関わらず日本にあるメーカーで1万円台のロッドに比べても勝るとも劣らない性能を備えています。入門者や初心者の人には経験を積むための練習用として使っても良いでしょう。

スペック

  • 全長:1.98m
  • 継数:2本
  • 仕舞寸法:103cm
  • 自重:144.3g
  • ルアーウェイト:M・8g〜21g、MH・10g〜28g
  • ライン:M・6Ib〜12Ib、MH・8Ib〜17Ib
  • 価格:2019/2/28現在で¥5,699

船釣り竿のおすすめ15選:その④

色々な魚をターゲットにしたいのであれば竿の硬さは重要になりますが、硬さだけ種類がたくさんあっても釣れる魚の幅はある程度までしか広がりません。幅広い魚をターゲットにするには適合しているオモリも考慮に入れましょう。

プロマリン「カルテット船 210」

プロマリン(PRO MARINE) PG カルテット船 210

Amazonで見る

この竿は1本購入すると穂先が3本ついてきます。それぞれ30号・50号・80号のオモリに適用している穂先です。オモリが適用している範囲が広いということはそれだけ幅広い釣りを行え、ターゲットにする魚の幅も広がるでしょう。

適合鉛の範囲が広い

潮の流れの速さや水深が深いところで行う釣りでも、使用したいオモリによってわざわざ竿を揃える必要がありません。穂先を変えるだけで対応できるので手間もかからず、お財布にも優しいし収納する場所を取らなくて済みます。

スペック

  • 全長:2.10m
  • 継数:2本
  • 仕舞寸法:109cm
  • 自重:336g
  • 適合鉛:20号〜120号
  • 調子:7:3
  • 価格:2019/2/28現在で¥4,066
NEXT 船釣り竿のおすすめ15選:その⑤