ケシュアタープは使い勝手抜群!気になるテントとの組み合わせ方もご紹介!

ケシュアタープの設営方法

この製品の組み立て方はどのような形にしたいかによって方法が変わってきますが、大まかな手順としては①柱をシートの穴に通して立て②他の穴からロープとペグを使って地面に固定をする、という簡単な作業で組み立てることができます。

ケシュアタープリビングスペースタープの設営方法

  • ポールを組み合わせて骨組みを作ります。
  • 足を延ばしていない状態で屋根のシートをかぶせて、片側2本ずつ足を延ばし4か所伸ばし終わったら固定をします。
  • 壁を1面外して柱に固定し中に入れるようにしたら、屋根に丸みをつけるためのポールを2本取り付け固定します。
  • 外側に回り柱とシートを一緒にペグとハンマーで地面に固定します。壁を外す予定がない場合は壁も地面に固定しましょう。
  • 柱の上部からロープを伸ばして少し離れた地面に固定をすれば完成となります。

気になるケシュアタープの活用事例紹介

実際に使っている写真と一緒にどのような使い方があるのかを見ていきましょう。柱の数によって形が変わるので、例を参考にして自分で使うときにも試してみてください。

2本の柱で設営する例

元々付属しているポール2本を使って設営する場合の一例で、片側に2本使いもう片方はロープでうまくバランスをとっています。利点としては斜めからの日光に対して効率的に日陰を作ることができる点で、欠点は風が強い状況ではできない点や太陽が真上にある場合には効率が悪くなってしまう点にあります。

サイドオーニングの代わりに

こちらも2本のみでの場合ですが、大き目の車のサイド部分に取り付けることでサイドオーニングの代わりとして使用しています。このように壁などを利用すれば、別売のポールを買い足さなくても地面に対して並行に設営することが可能になります。

4本の柱で設営する例

別売のポールを買い足して4本を使って設営する場合、片側に2本真ん中に2本を使うことで多少風がある状況でも安定させることができます。斜めからの日差しも防げるのでおすすめです。

ケシュアタープ一緒に使いたいテントは?

テントも有名なメーカーなので、一緒に使うと便利なテントをいくつかおすすめします。タープにも使われている熱を通さないFreshに加えてblackという光を遮る技術も使われており、合わせてFresh&Blackという素材が使われています。

NEXT ARPENAZ PRINT FRESH&BLACK