アジングラインのおすすめ16選!種類別の特徴や選び方もご紹介

アジングラインの種類

アジングに関わらず、必ず必要になってくるものの一つにラインがあります。ラインの特性を活かせるようになると釣りの幅が広がり、楽しみ方が大きく変化してきます。それぞれに個性があり、メリットとデメリットが存在しますので、しっかりとそこを見極めて、使い分けしていくことをオススメします。

アジングラインの種類:ナイロン

ナイロンは一番、汎用性があり低価格なので使い勝手のいいタイプのラインです。特徴として、比重は1以上あるので沈むことは沈みますが、とても軽いラインです。軽く浮力がある強みを活かして、表層を攻めるのに良いラインです。初めて細く軽いラインを使用するのにはチョイスするタイミングですね。デメリット面は、浮力が強くて沈まない点です。

アジングラインの種類:フロロカーボン

フロロカーボンは、強度があり根ずれしにくいタイプです。特徴は、比重があるため水に沈みやすく硬さがあることです。その強みを活かして、感度が高いためバイトを逃す確率が減ります。

障害物の多い底を攻めたいタイミングでは、フロロをオススメしたいです。デメリット面は、ラインが硬いため巻きぐせがついてしまい巻き取りは上手くいかなくなるトラブルが起こりやすいことですね。

アジングラインの種類:PE

アジングラインのPEについてですが、このタイプは、ポリエステル繊維が複数編み込まれているラインです。特徴としては、縦の強度に強く、ライン自体も細いです。

それなので、飛距離を出しやすく、感度に優れているといった強みを持っています。キャロライナリグなどの重量のあるルアーを投げる際にはPEラインを使うタイミングですね。

NEXT アジングラインの種類:エステル