沖縄の県魚グルクンに迫る!釣り方から簡単レシピまでをご紹介

ポイント

沖縄ではチービシとやばれる場所が有名です。グルクンのポイントは他の地域でもそうなのですがほとんど同じです。なので、一度ポイントがわかってしまえば、ポイントを探すことはなく、ほとんど同じ場所で釣れます。

グルクンの釣り方

サビキ釣り

出典:釣り百科

使用するタックルは長さは役2メートル。リールは小から中型の両軸。仕掛は市販のグルクン用サビキを使用し、その上下どちらかにコマセカゴをセットします。(図は下側)水深15メーチルから40メートルぐらいを狙うのが主流です。釣り方はアジ釣りなどと同様に、底ダナ付近でコマセを振りアタリを待ちます。

グルクン釣りの道具 その1

ロッド

出典:Amazon

グルクン釣りは100回近くも仕掛けを上下させるため、ロッドが重い途中でへばってしまい釣りがおろそかになってしまいます。材質は好みもあると思いますが、カーボン製が軽くて強度もありおすすめです。

グルクン釣りの道具 その2

リール

出典:Amazon

リールは両軸受のものを使用します。画像の「ダイワ ライトゲームX ICV 150H」は、小物釣りを幅広くカバーする万能コンパクトリール。ハンドルはアルミラウンドノブを採用しており、パワフルな巻き上げを可能としています。

アギヤー漁(追い込み漁)

アギヤー漁とは

アギヤー漁は糸満海人によって生み出された漁法です。アギヤーとは宮古島の方言で「網を揚げる」とう言う意味があり、言葉通り水深10メートルほどの海底に網を設置し行います。そこに海中で網に追い込んでいくという漁法です。

アギヤー漁の危機

1950から1960年ごろは100名ほどいたアギヤー漁師は、大幅に減少しており現在では15名ほどしかいない様です。現役のアギヤー漁師の平均年齢が65歳ほどと言われていて、後継者もいないためアギヤー漁自体がなくなってしまうという非常に危機的な問題となっております。
NEXT グルクンの旬の時期