ヒラマサのおすすめ人気レシピ14選!刺身から焼き物、アレンジまでご紹介!

ヒラマサのレシピを紹介!

ヒラマサを美味しく食べられるレシピを紹介します。刺身に揚げ物、焼き物にアレンジ料理まで。ヒラマサは色々な料理に使うことが出来ます。どれも美味しいので、是非作ってみて下さい!

ヒラマサのおすすめレシピ①刺身編

お魚の食べ方と言えば、まずは刺身でしょう。お刺身は生である為に、あまり長くは持ちません。しかしそれ故の美味しさがあります。簡単に醤油をつけて食べるのも勿論美味しいですが、ちょっとひと手間加えるだけでもより美味しく食べられますよ。

ヒラマサのおすすめレシピ:刺身編1

最初に紹介するレシピは「昆布締め」です。タイ等の白身魚によく使われる料理法ですが、ヒラマサでも可能です。昆布締めにすると昆布に魚の水分が吸われる事により身が締まり、さらに昆布の旨味成分が魚に移る為、刺身をそのまま食べるよりも数段美味しくなりますよ!

ヒラマサの昆布締め

材料

  • ヒラマサ 四半身
  • 昆布 2枚(四半身より大きなもの)
  • 日本酒 少々
  • 塩 少々

料理レシピ

  1. ヒラマサの両面に軽く塩を振り、10分程置きます。水分が出てくるので綺麗に拭き取ります。
  2. 日本酒を染み込ませたペーパータオルで昆布全体を湿らせます。
  3. 昆布の上にヒラマサを置き、もう1枚の昆布を上に乗せて挟みます。
  4. ラップでしっかりと包み、冷蔵庫に入れて1~2日程寝かせます。
  5. 昆布をはずし、好きな大きさに切って頂きましょう。醤油をつけて食べるのは勿論、茶漬けにしても美味しいですよ(上の写真はヒラマサの出汁茶漬けです)。

調理のポイント

塩をかけた後に出る水分はしっかりと拭き取って下さい。ラップで包む際はきつめに包みましょう。二重三重にしても構いません。隙間があると昆布の旨味がうまく魚に移らず、失敗する可能性があります。

ヒラマサのおすすめレシピ:刺身編2

刺身を食べる時に、酢飯を準備してお寿司や丼ぶりにして食べる方もいます。ただの丼ぶりではなく、づけ丼という食べ方は如何でしょうか?タレが染み込んだ刺身はまた違った美味しさがありますよ!

ヒラマサのづけ丼

材料

  • ヒラマサ(刺身) 5~6切れ
  • 白米 どんぶりに軽く1杯
  • 醤油 大さじ3
  • みりん 大さじ2
  • 酒 大さじ1
  • ごま油 お好みで
  • 万能ねぎ、大葉 お好みで

料理レシピ

  1. 醤油、みりん、酒を鍋に入れ、軽く沸騰させます。
  2. 冷ました漬けダレにヒラマサを入れ、冷蔵庫で30分程漬け込みます。ごま油がお好きな方は漬けダレに混ぜておきましょう。
  3. どんぶりに白米を入れ、漬け終わったヒラマサを綺麗に並べます。
  4. お好みでねぎや大葉を乗せて出来上がりです。

調理のポイント

熱々のご飯に刺身を乗っけると火が通ってしまうので、軽く冷ましておきましょう。ねぎや大葉を乗せる以外にも、白ごまをまぶしたり、しらすを隙間に敷き詰めたり、刺身の下に刻み海苔を敷いても美味しいですよ。

NEXT ヒラマサのおすすめレシピ:刺身編3