囲炉裏テーブルのおすすめ14選【素材別】選び方と自作方法もご紹介

囲炉裏テーブルは焚き火台の相棒としてなくてはならないアイテムです。焚き火調理の鍋を置くテーブルとして、そして暗くなったアウトドアの空間でゆらぐ焚き火の炎を観ながら仲間や家族と快適に過ごすギアとして、囲炉裏テーブルはキャンプを1ランクアップさせてくれます。

この記事をかいた人

アウトドアやオカルト・心霊が大好きです。わかりやすく、ちょっとためになる情報も織り交ぜながら紹介できるような記事を作っていきたいです。

囲炉裏テーブルとは?

焚き火経験者もアイテム名を聴いても何か分からない人もいるでしょう。このテーブルは、名前通り焚き火や焚き火台でバーベキューをするときに、焚き火台を囲むようにして使用できるテーブルのことです。

通常のテーブルとは違い、四方を囲うように形を持っているテーブルなのでものをもけるスペースも広く、全員で焚き火台を囲う形になります。料理へと全員の手が届き、家族やグループでのキャンプにはもってこいの雰囲気づくりにも大切なアイテムです。

囲炉裏テーブルがあることのメリット

焚き火経験者の中には購入希望者も尽きないアイテム。知っている人もメリットまでは知らない人もいるでしょう。そこでこのアイテムが持つメリットを紹介します。これを知ればさらに囲炉裏テーブルが欲しくなること間違いなしです。

子供やペットが飛んだ火の粉にあたるのを防げる

囲炉裏テーブルはその形の特性上、焚き火台を囲うように組んで座ることになるので、子供やペットが不用意に火元に近づいたり、火の粉にあたる危険を防ぐことができます。この囲炉裏テーブルのおかげで壁になり方位な接近を防ぐのです。また、燃えやすいフリース素材などは火の粉は天敵です。その引火も防止できます。

モノがおける

テーブルなので、当然ものが置けることも大きなメリットです。ぐるっと焚き火台周囲を一周ように設置するので、モノをいろいろとおくことができます。食材を置いたり日の調節に用いる道具を置いたりと、これまではいちいち置くところに困っていたものも使用感、効率共にぐっと上がるでしょう。

火をみんなで囲むと仲良くなる

火をみんなで囲むことで意外なメリットをもたらしてくれます。それが仲良くなるというものです。焚き火には心を穏やかにさせる不思議な効果がありますが、同じ火を囲んで焚き火をすることでみんなでその雰囲気を楽しむことができ、団らんすることができます。仲間や家族でのキャンプでは、長時間囲んでいればより仲良くなれているはずです。

囲炉裏テーブルを選ぶポイント

囲炉裏を囲うようにして使うテーブルの魅力と長所をお伝えしましたが、そんなアイテムにも沢山の種類がありどれを選んでいいか迷ってしまいます。そこで選ぶ際に注目すべきポイントをお伝えしていきましょう。これを押させておけば失敗することはないはずです。

焚き火台との一体感

一点目に注意すべき点が、この一体感です。中でもサイズは注意すべきポイントでしょう。テーブル真ん中スペースに焚き火台を置くわけですから、その間に入るほどの空間がないと焚き火台が置けません。しっかりとサイズ感を測ったうえで選びましょう。

収納性

NEXT 収納性