ゴープロの使い方完全ガイド|おすすめの撮影スタイル&シーンも大公開

GoPro HERO7

【国内正規品】GoPro HERO7 Black CHDHX-701-FW ゴープロ ヒーロー7 ブラック ウェアラブル アクション カメラ 【GoPro公式】

Amazonで見る

2018年9月に発売された最新型モデルです。最大の特徴が、スタビライザー機能強化によりより手ぶれ補正がこれまで以上に機能するようになったことです。画質の向上こそあまり目立ってありませんが、さらにスマホとの連携もしやすいものとなりました。例えばスマホで見やすい、縦型動画撮影にも対応できるようになっています。

SNSなどさらに快適に!全シリーズ中最高機能

スマホとの連携をより快適に追及されたモデルなので、インスタグラムなどを利用している人はより作業がはかどること間違いなしのアイテムです。ライブストリーミング機能なども搭載されているので楽しみは増えたことでしょう。全シリーズの中で最高クラスの機能を有しているので、購入検討している人は要チェックアイテムです。

スペック・詳細

  • 動画:4K60fps
  • 写真:1200万画素(SuperPhoto)
  • 手ぶれ補正:HyperSmooth(強力な補正)
  • 防水:ケースなしで最大10m防水

ゴープロ6に関する記事はこちら

ゴープロのおすすめモデル「Fusion・Session」

撮影スタイルによっては、先述したモデルよりも確信に特化していたり、機能を有しているこちらのモデルもおすすめです。それぞれの機能や特徴、おすすめの撮影シーンとともに特徴を紹介していきましょう。

GoPro Fusion

【国内正規品】GoPro Fusion 360° カメラ CHDHZ-103-FW

Amazonで見る

さらに高機能を求めるならば要チェックアイテムと評判です。5Kという最高画質に対応しており、さらに全シリーズ中最高のスペックを所持しています。360度全方向の撮影を可能としており、本体前後にカメラが二つついているのでこれまでにない写真が撮影できます。

これまでにない撮影を実現!VRや天体カメラにも

60度の撮影を鹿野にしたことや、しやっくが非常に広いので天体カメラとしても使用できるほど汎用性の高い商品です。撮影の幅を広げてくれるので、これまで以上の撮影を楽しみを得られるでしょう。

スペック・詳細

  • 動画:5.2K30fps
  • 写真:1800万画素(SuperPhoto)
  • 手ぶれ補正:球面ビデオ
NEXT GoPro HERO Session