紀州釣りのタックルや仕掛けを解説!ダンゴの作り方や釣り方も!

紀州釣りは和歌山県で古くから行われている釣りの方法です。ウキ団子釣りとも呼ばれ、クロダイを狙って釣りをします。初心者でも行いやすく、様々なポイントで行えることから人気を集めています。この記事では紀州釣りのすべてを紹介します。

この記事をかいた人

釣り・キャンプの記事を中心に書いています。

紀州釣りとは

初心者でも楽しめる釣りですが、この釣りを初めて聞く人もいるでしょう。まず最初にどんな釣りなのかという説明から入っていきます。これでどんな釣りなのかのイメージが湧いて後の話がのみ込みやすくなります。

紀州釣りはクロダイを狙った釣り方のこと

この釣りはエサが特徴的です。付け餌の周りにダンゴ餌という集魚の役割があるエサで包み、手でダンゴ状に固めたものを使って釣りを行います。主なターゲットはクロダイで和歌山県から発祥し、岡山県・広島県でもこの釣りをベースとした独自の釣りがあります。

釣りのフィールドの幅が広い

この釣りはある程度深さがあれば、防波堤や堤防はもちろんのこと磯だろうとどこでも釣りを行うことができます。他の釣り方とは違ってダンゴ餌がつけ餌を他の魚から守ってくれるといった役割があってメリットの多い釣りなのです。またタナ取りをしっかりと行うところも楽しさの一つになります。

紀州釣りのタックル

この釣りの魅力がわかったところで、釣りで使うタックルの紹介をしていきます。主な釣り道具であるロッド・リール・ラインを簡単に説明しますので、タックルを揃えるときの参考にしていただけると幸いです。

紀州釣りのロッドは専用のものを使用する

この釣りのロッドには主なターゲットであるクロダイ専用のロッドを使うようにしましょう。もちろん他のロッドでも代用はできますが、主なターゲットであるクロダイに特化している方が釣り上げやすいためです。長さは4.5mくらいのものを使用しましょう。それにより磯・堤防など幅広い釣り場で使いやすいです。

紀州釣りのリールは2500〜3000番台のリールが妥当

メインの魚であるクロダイは結構引きの強い魚です。それに対応できるパワーが必要になりますが、あまりパワーがありすぎるリールを使うと大きくて重量もあるので腕に負担がかかります。そのためこの釣りでは2500番から3000番のリールをおすすめします。

紀州釣りのラインは水に浮くフローティングタイプを使用する

この釣りではウキを使用して行う釣りなのですが、エサのダンゴが沈んでいくとラインも必要以上に沈んでしまい、ラインが一緒に沈むことによってウキの浮く状態にも影響を与えてしまいます。そのためフローティングタイプのものを使用しましょう。号数はクロダイの引きに耐えられるよう2号くらいのものを選びます。

紀州釣りにおすすめなタックル①ロッド

まずはロッドの紹介です。性能はもちろん大切なのことですが、人によってはコストを気にかけている人もいるでしょう。紹介するロッドにはスペックの部分に価格も書いておくので購入する際の参考にしてください。

宇崎日新「波動 チヌ 1号 450」

NEXT 宇崎日新「波動 チヌ 1号 450」