赤魚の煮付けは冷凍でもおいしい!人気レシピを献立の参考に!

赤魚の人気煮付けたれレシピ「大根おろし煮」

最後は大根おろしを使ったみぞれ煮のご紹介です。大根おろしは消化を助ける働きもあり、食物繊維も豊富です。今回のレシピの様に煮つけに使うと煮汁も大根おろしと一緒においしくいただけることができます。

材料と作り方

  • 赤魚切身:2切れ
  • 大根 200g
  • 昆布だし:1/2カップ
  • 醤油:大さじ1
  • 砂糖:大さじ1
  • 酒:大さじ1
  • 大葉 適宜
  1. 赤魚の切り身を霜取りします。軽く水で洗って臭みをとりましょう。
  2. 鍋に昆布だし、醤油、砂糖、酒を合わせ、赤魚も加えて煮立たせます。
  3. 落し蓋をして煮つけていき、赤魚に5分ほどしたところで大根おろしのおろし汁ごと鍋に加えます。
  4. そこからさらに2,3分煮付けて大葉を添えれば完成です。

料理のポイント

大根おろしの消化吸収を助けてくれる成分は皮付近に多く含まれています。大根おろしにしてしまえば食感も気にならないので皮ごとすり下ろしてしまっても構いません。一緒に生姜などをすり下ろして加えてもおいしくいただけます。

赤魚の煮付け!「反り」を防ぐ方法!

煮付けによくある悩み事として身が反り返ってしまうというものがあります。味は変わりませんが見栄えがどうしても悪くなりますし小さくも見えてしまいます。いくつか気を付けることでこの反りは防げます。ポイントをご紹介します。

まずは魚を室温に!

身が大きな温度変化にさらされるとタンパク質の変性が急激に進むため切り身が沿ってしまうことがあります。冷凍で売られているためついつい冷凍のまま使いたくなりますが解凍してから調理しましょう。霜取りをしておくことは反りを減らすポイントにもなります。

皮に切り込みを入れる!

火が通ってくると皮がぎゅっと縮んできてしまい、そのためその皮がついている身の部分も引っ張られて反り返ってしまいます。皮に切り込みを入れておけば縮んだ時に一緒に身が引っ張られてこないので反りがなくなります。

清酒を多めに入れる!

よく煮つけのレシピに「酒」という表記がありますが、これは魚の臭みをとるためと切り身をふっくらと柔らかく仕上げる効果があるからです。醤油などの塩気の多い調味料は身を固くする方向へ働きます。清酒を少し多めに入れることで身の縮みは多少軽減されるでしょう。

NEXT 沸騰するまで弱火で煮る!