ウツボ料理を食べてみよう!おすすめ10選と捌き方をご紹介!

ウツボの兜煮の作り方

材料

ウツボの頭 醤油:1 みりん:1 酒:2 砂糖又はザラメ:お好みの分量

※筆者のおすすめ分量ですのでおたまで表示しています。

作り方

  • 捌いた残りの頭を使用します。下顎の部分にキッチンバサミなどで切り込みを入れエラをはずします。
  • 頭までぬめりとりが出来てない場合は熱湯をかけてぬめりを落とします。塩もみではなく始めから頭ごと熱湯でぬめり取りをされている場合は不要です。
  • ウツボの頭、酒、しょうゆ、みりん、砂糖を鍋に入れ落とし蓋をしてじっくり煮立たせます。臭みが気になる方は刻み生姜を入れても良いです。途中で何度か煮汁をウツボに回しかけながら煮るとまんべんなく煮つける事ができます。
  • 筆者は水を入れては調理しませんが、早く煮詰まってしまうので気になる方は水を適量入れて煮つけても良いです。

ウツボ料理のおすすめ10選⑤ウツボの煮凝り

ウツボはゼラチン質が多いので煮つけにしても固まるほど。煮て型に入れておくだけで勝手に固まってくれます。野菜と一緒に煮込めば臭さも気になりません。

コラーゲンを活かした一品

ぷるぷるのウツボはゼラチン質が多く捌くのにはブヨブヨしていて捌きにくいですが、寒天を入れなくても勝手に固まってくれるほどの強さがあります。美しい見た目と上品な味わいです。

ウツボの煮凝り

材料

ウツボ:1kg 醤油:500ml 生姜:少々 水:適量

作り方

  • ウツボは細かく適当なサイズに切ります。
  • 鍋に水をいれ切ったウツボと生姜の千切り、醤油を入れて煮ます。
  • 汁ごと型に入れて冷やします。

ウツボ料理のおすすめ10選⑥ウツボの干物

ワイルドに開いたウツボを干せば焼いて食べる事も出来、冷凍保存も出来て一石二鳥です。沢山釣れた時など重宝しますね。骨の処理だけキチンと出来ていればフワフワな身を楽しむことが出来ます。

塩焼きだけでなくアレンジも可能

塩焼きにして食べるのも美味しいですが、細かく切って唐揚などにしても普通に唐揚した時とは違うパリパリの食感が楽しめ、おつまみにもなりますよ。

NEXT ウツボの干物