「げんげ」という魚は美容にいい高級魚?生態から料理まで詳しく紹介!

「げんげ」の仲間を見てみよう

この種の魚では驚くことに約230種類も世界に生息している、この魚ですが、その仲間をいくつか選んで紹介していきたいと思います。見た目はあまり変わりませんが、どのような違いがあるのか、詳しく紹介しましょう。

げんげの仲間①:シロゲンゲ

この種の中では、大型の部類に入ります。体が他の種類よりも白みがかっているので、この呼ばれ方をいています。日本海やオホーツク海など日本の近くにも、生息していますが、ベイリング海からカリフォルニア近くにまで生息しいます。

げんげの仲間②:アゴゲンゲ

この種の仲間の中では、少し体の色が黒みがかっているのが特徴です。一部の地域ではクロゲンゲとも呼ばれています。ウロコがあります。また、トゲがあるので、注意が必要です。

げんげの仲間③:カンテンゲンゲ

ノロゲンゲに続いて知れれている種類のひとつです。シロゲンゲとの区別の仕方として、目と目の間隔の違いがあり、シロゲンゲよりも間隔が狭くなっている。他にもシロゲンゲの胸びれは先端が丸みがあるのにくらべて、この種類は、胸びれに先端は尖っている。

「げんげ」は美味しい魚

その食感が絶品と言われるほど美味しい魚としても知られているこの魚は、幻の高級魚とも呼ばれているほどです、そんな高級魚と言われるこの魚の食に関係した部分をここから詳しく紹介して行きたいと思います。

美味しい魚「げんげ」の味や旬を紹介

美味しい魚は沢山います。そんな中でも絶品といわれ、高級魚として扱われる魚は限られています。げんげは、美味しい魚と言われていますが、どのように美味しいのか紹介していきましょう。

げんげのプルプル食感が絶品

絶品と言われる、その理由のひとつになんともいえない食感が挙げられます。ゼラチン質の身は、ぷるぷるの食感が楽しめると評判になっています。美味しいといわれる魚で、食感を挙げられる魚もいますが、ぷるぷるした食感と表現される魚は珍しいのではないでしょうか。

脂がのっているがさっぱりしている

魚の旨味の中で良く言われるフレーズに脂がのっているという表現があります。絶品と言われる魚のほとんどが、そう言われているのではないでしょうか。この魚も、よく脂がのっていると言われています。しかも、のっているのに、さっぱりとした味わいなのです。絶品と言われるのは、こんなところにもあるのです。

NEXT げんげの旬はいつ?