「げんげ」という魚は美容にいい高級魚?生態から料理まで詳しく紹介!

げんげの生態

住んでいる場所は深海に生息していて、砂などに潜って貝などを食べて生活している肉食の魚です。魚も食べることもあります。体は細長く、約30センチほどに成長します。体の表面はゼラチン質で、とてもヌメヌメしています。

「げんげ」の呼び名や名前の由来

げんげというこの魚の名前を初めて聞いた時は、みなさん中には、変な名前だと思った方も多いと思います。そんな名前の由来などについて、ここでは紹介してみたいと思います。

げんげの呼び名について詳しく紹介

この魚には、他の魚と同じように、地域で色々な呼び方があります。例えば、京都ではグラと呼ばれていて、秋田の方ではスガヨです、石川ではゲンゲンボウと呼べれています。ミズウオと呼ばれていた地域もありましたが、ミズウオ科の魚とは、まったく違う魚です。

げんげの悲しい名前の由来

この「げんげ」という名前の由来にはいくつか説がありいます。漁で捕まっても捨てられていたので、ゲギョ(漢字=下魚)と呼ばれていて、それが変化してげんげになったという説や、エビの漁網にかかって捨てれていたため、下の下の魚なので「げのげ」が「げんげ」になったという説もあります。どちらにしても、うれしい由来ではないでしょう。

「げんげ」の特徴を紹介

ここまで基本的な情報を紹介してきましたが、この魚の特徴的な部分を紹介していきたいと思います。面白い特徴を持った種類が多い深海魚の仲間ですが、どのような特徴を持っているのか紹介しましょう。

細くてヌメヌメの体について

体は成長すると約30センチほどになります。大きな個体では40センチ近くにも成長することもあります。細く長い体は、うなぎやあなごのようにもみえます。また、体の表面も、うなぎに似ていてヌメヌメしています。

砂に潜って魚を食べる?げんげの食性について

砂に潜って貝など主に食べています、大きく成長すると、他の魚やヒトデなども食べることがあります。砂の中の貝を食べる時、この魚は上手に口を使って砂を食べることなく、貝だけを食べることが出来ます。魚の中で、このような食べ方をする魚は非常に少ないといえるでしょう。

げんがは世界に約230種類もいる

この魚は世界各地に生息していますが、その種類は約230種類にもなります。日本に近くに生息している種類でいうと、ノロゲンゲやシロゲンゲ、ヒロクチゲンゲ、スザクゲンゲなどがいます。種類が多い分、生態などの違いもあり、特徴なところでは、産卵では、卵を産む種類や、体の中で卯化させる種類もいます。

NEXT 「げんげ」の仲間を見てみよう