8月32日って本当にあるの?ゲーム「ぼくのなつやすみ」で起こった奇跡

実際の暦にはない8月32日があるというのは本当なのでしょうか?実は、プレーステーションのゲーム「ぼくのなつやすみ」で起こるバグによって奇跡のような8月32日を過ごすことができるというのです。ではそのバグとは一体どのようなものなのでしょうか?これから8月32日のバグの詳細と、そのバグを起こす方法について分かりやすく解説していきます。

この記事をかいた人

車中泊できる車で色んな所に旅に出たい今日この頃。綺麗な景色をみるのが好きです。

暦にない8月32日が注目される理由は?

tigerlily713 / Pixabay

初めに8月32日と聞いて疑問に思う人がほとんどです。その理由は簡単で、実際の8月は31日までしか存在しないからです。しかし、中には8月32日へ行き幻の夏休みを過ごしたと答える人もいます。8月32日は誰もが一度は願った事のある「夏休みが終わらないでほしい」と言う願いがかなった小さな奇跡の一日として話題になっています。

ゲーム「ぼくのなつやすみ」におけるバグの一種

ぼくのなつやすみ PlayStation the Best

Amazonで見る

8月32日は残念ながら実際には存在しません。8月32日はゲーム「ぼくのなつやすみ」の中でバグを使用する事でいける幻の一日です。ゲームクリア後にもう1日楽しめると都市伝説の様に噂が徐々に広まり、注目を集めています。このゲームはPSP版も発売されていますが、このバグはオリジナルのPS版のみ行くことが出来ます。その他の都市伝説に興味がある方はこちらの記事も合わせてどうぞ!

桃の天然水のCMに関する都市伝説はこちら

合わせ鏡についての都市伝説はこちら

普通にプレーしていては8月32日には出会えない

Free-Photos / Pixabay

幻の8月32日は普通にプレイしているだけでは行くことは出来ません。普通にゲームをプレイをした場合は、主人公が夏休みを満喫して8月31日を終えた時点でクリアとなり終了してしまします。では、どうやったら8月32日にいけるのか次の見出しから詳しく説明していきます。

8月31日までプレーした後に「ある操作」をすることで8月32日に進める

rawpixel / Pixabay

普通にゲームをプレイした場合は夏休み最終日の8月31日までゲームを進めた時点でクリアとなってしまう為、それ以降の日にちはプレイすることは出来ません。しかし、ゲームクリア後にある一定の操作を行うことでバグを利用して幻の8月32日を迎えることが出来ます。

時間を早く進めるために「昼間から寝ることができるバグ」を起こす

Free-Photos / Pixabay

8月32日にはクリア後にある方法を使いバグを起こしてのみいくことが出来ます。しかし、ゲームを買ってプレイしてもすぐに8月32日に行けるという訳ではありません。ゲームを一度クリアするまで終わらせて、必要な準備が整った状態でしかバグを使用することはできません。

「ぼくのなつやすみ」のバグに出会う準備

JCamargo / Pixabay

実際には存在する訳ではありませんが、8月32日に行くには当然8月31日を過ごしてからしか行くことは出来ません。ゲームは1日1日を遊びまわりながら31日まで進めることでゲームはクリアとなる為、バグを使用する為には大前提として31日までゲームを進めておく必要があります。

8月31日までプレーしてももちろん面白い

Bergadder / Pixabay

「ぼくのなつやすみ 」は1975年の里山で夏休みを通して昆虫採集や探検の満喫するゲームで、普通にプレイをしても童心にかえることが出来きる大人も楽しめる作品です。しかし、普通にプレイをして31日までゲームを進めるとなるとかなりの時間がかかってしまします。

31日まですぐに進める「昼間から寝ることができるバグ」を起こす方法

NEXT 31日まですぐに進める「昼間から寝ることができるバグ」を起こす方法