ムーンライトテント2型が便利で優秀!設営や用途・冬場の使用もチェック

水の染み込みを防ぐフライ&テント構造

テント本体とフライの隙間が広くとれるようになっているので、少々の風ではフライが本体に触れません。雨や結露でフライがびしょぬれになっても、テント内部まで水がしみこみにくくなっています。雨の多い日本でも快適に過ごせるように、とモンベルが設計しました。また、テント生地も、水圧がかかっても耐えられるように作られています。

床面4隅もシーム加工で水の浸入をカット

床面は、少し大きめのサイズの布で作られていて、四隅を持ち上げ、四つ角を縫い付けたバスタブのような形。縫い目はシームテープ(防水テープ)処理が施されていて、床面からの水の侵入を防いでいます。

メッシュパネルで通気性もしっかり確保

出入り口だけではなく、足元もメッシュパネルとナイロン壁の二枚構造になっていることで通気性が確保されています。両面をメッシュにすることで、テント全体が風の通り道になり、湿気やにおいがこもっていても瞬く間に換気できます。フライシートの裾が地面より少し浮いているので、さらに風が通りやすくなっています。

ムーンライトテント2型はココも魅力②使い勝手の良い前室

ムーンライトテントは、フライシートをしっかりとペグダウンをすることで、前室が登場します。ファスナーで開け閉めできるので、防寒も通期も確保できます。テントの前室は、使いこなせるととても便利な代物ですので、ぜひ使ってみてください。

フライシートが雨除けの前室に

出典:PhotoAC

フライシートの出入り口の布を広げてペグを固定することで、テントの前に玄関のような前室ができます。大人がひとり、しゃがんで何とか座れる、というくらいのサイズなので、ここで何かをすると言うより、テント内部から手を出して前室の物をあつかうほうが便利です。

荷物置き場や調理スペースに活用

出典:PhotoAC

前室は、それほどひどくないのですが、シングルバーナーでお湯を沸かしたりコッヘルで炊いたりするくらいなら可能な広さ。雨や寒い日に外にでなくても調理ができます。靴も置けますし、荷物置き場としても活用することが可能。ここに荷物を置いておけば、テント内スペースが広く使えて快適です。

ムーンライトテント2型はココも魅力③火にも強いテント本体

出典:PhotoAC

雨の日や晩ごはんは、テントの前室で調理することも多いでしょう。テントの中で火器を使うとなると、気になるのは火事です。ムーンライトテントの素材は、火事にも備えています。火がつくとどうなるのかを見てみましょう。

テント素材は安心な難燃加工素材

Comfreak / Pixabay

テント本体やポールには、難燃加工が施されています。垂直に立てた生地に下から12秒間炎を当てる、という実験がモンベルのサイトで紹介されているのですが、未加工の物に比べて半分ほどしか燃えていませんでした。生地に火があたっても、自己消火されます。

NEXT ムーンライトテント2型のサイズを具体的に見てみよう