スモラバトレーラーって何?バス釣りで人気のワームを徹底解説!

バスがエサと認識しやすい

特にクロー系やシュリンプ系のワームを装着している場合には、ジグを大好物の甲殻類等にイミテートする事が出来、それをエサとして認識させることが出来ます。それにより、バイトの確立がより高まる事になるのです。

予算がかかる

一方で、ワームを購入しなければいけないという経済的な負担がかかります。トレーラーはバイト時に、バスの噛む力によって引きちぎれたり、変形してしまったりすることが頻繁に起こりますので、その都度交換しなくてはならないというディメリットも存在します。

ワームに関する記事はこちら

スモラバトレーラー用おすすめワームをご紹介!

それでは、実際にどの様なトレーラーをチョイスすれば良いか、お勧めのワームをご紹介することにしましょう。記事を参考にしていただいて、実際にトレーラーを装着して実釣してみてください。きっとお気に入りのトレーラーが見つかります。

スモラバトレーラー用おすすめワーム①OSP

まずはOSPという並木俊成さんがプロデュースするルアーメーカーの製品からのご紹介です。OSP自体でスモラバを企画販売しておりますので、それらとコーディネートできるワームを販売しております。

おすすめ①ドライブシュリンプ3インチ

O.S.P(オーエスピー) ルアー DoLive Shrimp 3インチ W009/モエビ

Amazonで見る

バスがエサの対象として大好物なのが甲殻類の”エビ”です。それをイミテートした、ワームです。サイズが3インチから6インチまでありますが、スモラバトレーラー的には3インチが適合します。

独特のテールとヒゲ

このワームの大きな特徴は、独自の薄く、フラットな形状をして”テール”にあります。これが、ステイ時でさえも、生々しく揺らめく動きをします。ラバージグトレーラーのポーク並の動きをして魚を誘います。また、ヒゲはテールと同時に異なる動きをして生命感を引き出しています。

ベストなワーム素材をチョイス

若干低比重な素材を使用していますので、水中ではフワフワと浮遊した感じを演出できます。また、素材の中に甲殻類独特の”匂い”をブレンドしていますので、より一層のバイトを期待できます。

スペック

  • カラー:W001ウォーターメロンペッパー / W002シナモン・ブルーフレーク / W003スカッパノン / W004グリーンパンプキンペッパー / W006ブラック・ブルーフレーク / W007ライムチャート / W009モエビ / W010テナガ / W012スモークペッパー&コパーフレーク / W025ナチュラルピンク / W027ダークシナモン・ブルー&ペッパー / W033ライトウォーターメロン・ ブルーフレーク / W034スカッパノン・ブルーフレーク / W035エビミソ / TW107グリパン/チャート / TW108グリパンレッド/ナチュラルオレンジ / TW109アメザリ / TW112ブルーバックシナモン / TW117ゴーストシュリンプ / TW127サイトスペシャル / TW128グリーンウィニー / TW129ネオンシャッド / TW136カワエビ / TW139ネオンワカサギ / TW146エビミソブラック / TW153エビゴリ
  • レングス:3インチ
  • 入り数:8本
NEXT おすすめ②ドライブクロー2センチ