猿の手が3つの願いを叶えます!ただし大きな代償とともに…

おとぎ話に登場する願望器系統のアイテム、夢がありますよね。しかしその内容が望まぬ形や大きな代償が伴うとしたら?今回はそんな不思議なアイテム「猿の手」を紹介します。現在では創作物などにも登場するこのアイテムを詳しく解説・考察したいと思います。

この記事をかいた人

記事をお読みいただきありがとうございます、中村雄二と申します。バイクに乗ることが好きな若者です。ツーリングキャンプ系統の記事を好んで書いたり読んだり…。よろしくお願いします。

猿の手は願いを望まぬ形で叶えてくれる

Alexas_Fotos / Pixabay

今回ご紹介する空想上のアイテムはオカロトの世界の中では比較的高い知名度を持っています。それもそのはず、これからご紹介しますようにその効果は持っている人間の願いをかなえてくれるという分かりやすくも理想的なものだからです。万能とは限りませんが。

持ち主の願いを3つ叶えてくれる

paulbr75 / Pixabay

前述しました通り、この手を持っている人間が願ったことは、実際に形として起こってくれるのです。すなわち、ドラゴンボールの神龍のごとく持ち主の願いをどんなものでもかなえてくれます。しかも全部で3つ。これほど分かりやすく便利で喉から手が出る様なものは無いでしょう。

ただし高い代償が必要

kschneider2991 / Pixabay

しかしこの手の美味しいアイテムに関してはお決まりというか、往々にして裏があります。猿の手に関してもその例にもれず、確実に願った内容を実現してくれますが、代わりに非常に高い対価を支払わなければならない宿命にあるのです。つまるところ、願いはかなうけれど、それは自分の望んだ形ではなくなるのです。

短編小説「猿の手」

Alexas_Fotos / Pixabay

今回ご紹介するオカルトなアイテムについて、簡単にではありますがその内容をご紹介しました。前述しました通り非常に有名なものですので知っている方も多かったかもしれませんが、これが元々どこから出典した話なのかはご存じでしょうか。

W・W・ジェイコブズの短編小説として発表

Alexas_Fotos / Pixabay

元々今回ご紹介するアイテムはW.W.ジェイコブズが出版した短編小説の中で登場しています。題名は「the monkeys paw」という名前で、pawというのはつ目のある動物の手ということになります。ただし普通の手というわけではなく、干からびているミイラの手になっています。

物語のあらずじ

Peggychoucair / Pixabay

この物語のあらすじは、まず老夫婦と一人息子が住んでいる家に夫の知り合いだった軍人が表れ、手の話をしだします。そして血の気のない顔で願いがかなったからと手を譲り、その手に願いを決して望んではならないとまで言い出しました。

結局手を譲られた側は家のローン分であった200ポンドを願いました。するとその日は何も起こりませんでしたが、次の火息子のいる会社の人間が家にやってきて息子が事故に遭ったといいます。そしてそのお見舞いとして差し出された金額が、願った200ポンドであったということです。

その後どうなったのかについて

Alexas_Fotos / Pixabay

原作の内容についてを簡潔な形ではありますがご紹介しました。もし自分が同じように何か別の形で金が欲しいと願っていたならば、どんなことになってしまっていたかなど考えたくもないかもしれません。願いに大小が必要であるということはここまででお分かりいただけたでしょうが、まだお話には続きがあります。

息子をよみがえらせようとして…

artbejo / Pixabay

思わぬ形で望んだ金が手に入り、そして大きな代償を支払ってしまった老夫婦は、悲しみの中で息子を生き返らせてほしいと手に願います。そしてその願いは聞き届けられ深夜に家の戸を叩く音が響き、2人は息子がよみがえったのだと喜びます。

しかし、ここで片方が冷静になりました。息子はすでに亡くなって墓の中。もしそれがそのままでよみがえったというのであれば、今戸を叩いているのは死体、所謂ゾンビではないかと。結末が恐ろしくなった旦那が息子を元に戻してくれと願うと、戸を叩く音はぴたりとやみました。

対価が描かれていない

1つ目の望みの中では対価がしっかりと描かれており、それがもとで2つ目と3つ目の願いを実現させてはいましたが、2つ目と3つ目の望みを実現させた時にはどんな代償を支払ったのかが描かれていません。もし描かれていたならば、どれほど大きな対価だったのかは想像できません。

原作には少し無理があったかも?

NEXT 原作には少し無理があったかも?