世界最大級の人食いワニ!イリエワニの生態や天敵に迫る!日本軍とも関係があった?

イリエワニは最大7メートルを越す個体も発見されている世界最大級のワニです。その性格はどう猛で恐ろしく、数多くの人が犠牲になったと言われています。意外にも日本との関わりが深いイリエワニの生態や天敵、日本で会える動物園についてまとめました。

この記事をかいた人

世界最大級のイリエワニってどんなワニ?

まず最初に、イリエワニの生態と主な生息地を確認してみましょう。世界最大級と言われるイリエワニですが、一体どれほどの大きさなのでしょうか?また、私たちの身近にも存在しているのでしょうか?

イリエワニの生態

ワニは恐ろしい生き物であると想像するに難くはないですが、中でもイリエワニをご存知でしょうか。イリエワニは体長が平均4メートル前後、体重は400キロから500キロと大変大柄なクロコダイル科に属するワニです。イリエワニはその獰猛な性格で知られた存在であり、そのかみ砕く力はワニの中でも最大級です。

イリエワニの主な生息地

出典:PhotoAC

イリエワニの主な生息地としては名前で想像が出来るように入江など河口に生息するほか、上流の河川や湖などの淡水にも生息します。具体的な地域でみると、ベトナムなどのアジア、ニューギニア島やオーストラリア北部などの赤道付近のオセアニア地域、に主に生息します。日本では、奄美大島や西表島などでも発見事例の報告があります。

イリエワニの驚くべき身体能力のすべて

ここでは、イリエワニの驚くべき身体能力の高さを見ていきます。前項で大まかな身体的な大きさは分かりましたが、もう少し具体的な身体能力を知ると、その獰猛と言われる理由も分かるでしょう。

噛む力はおよそ1.7トン!

1.7トンの噛む力を想像するのは難しいですが、ライオンが450キログラム、成人男性が90キログラムですので、相対的にみてどれだけの大きな力であるかが分かります。噛む力に加えて、大きな口の中には鋭利な歯が獲物をしっかりかみ砕くために備わっており、口を大きく開けたその姿を見ただけで、生きた心地はしません。

水中から体が飛び出すほどのジャンプ力

ワニはゆっくりと動いているイメージを持ちやすいですが、実は物凄く俊敏な動きを見せます。水中では、その大きなしっぽをエンジン代わりに使用して、水中から大きくジャンプすることが可能なのです。そのジャンプ力は、後ろ足が水の中から飛び出してしまうほどです。

川だけでなく海も泳ぐ

基本的に河口域や湖などの淡水域に生息するイリエワニですが、驚くことに、その生息域は川だけではありません。塩分に強いことから、アジアなどの元々の生息域から海を渡り、様々な地域にその生息域を拡大させてきているのです。ただし、生息域を拡大させたイリエワニですが、乱獲が原因で個体数が激減した時期がありました。

イリエワニには天敵がいない?

これだけ身体能力の高いイリエワニなので、果たしてこのイリエワニに対抗できる生物が存在するのかどうかが大変不思議です。ここでは、イリエワニがどのような動物を捕食するのかを見ていきます。

サメさえも捕食する

ワニもサメも食物連鎖のピラミッドのかなり頂点にいる生き物であることには疑いがありません。しかし、ワニはサメさえも捕食してしまうと言われています。ワニは主に淡水域に生息し、サメは主に海水域に生息します。これだけ聞けば、両者はうまく住み分けが出来ていると言えますが、実はワニもサメも両方を行き来することが可能なのです。

他のワニを捕食してしまう

NEXT 他のワニを捕食してしまう