ソニービーン一族の人食い伝説!|近親相姦で48人・語り継がれる恐怖

【閲覧注意】残酷な頭砕き

geralt / Pixabay

こちらは、ヘルメットの様なものを被ると上からどんどんと押し潰されていく拷問です。

頭と顎を固定されているので、潰されている間強烈な痛みを伴いますが、ラット地獄に比べるとある程度の負荷がかかってしまった所で脳までも潰されてしまう為、気を失うのは早く済みます。

ギロチンは一般的な死刑

kalhh / Pixabay

死刑と聞くとまず一番に思いつくのはギロチンではないでしょうか?なぜ、ソニービーン一家がギロチンの刑ではなかったのか。それは、ギロチンは拷問に比べると、恐怖や痛みが少なく死んでしまうからなのです。

極悪犯罪までいかず、死刑になった犯人の一般的な死刑とは違い、ソニービーン一家には苦しみを与える為にあえてこの方法ではなく、もっと苦しむ拷問を課せられたのです。

ソニービーン一族の末裔がいるという噂

Meelimello / Pixabay

この残虐過ぎる一家の事実を国は公表する事を拒み隠し続ける事をきめたのです。しかし、気になるのはソニーが最後に残した言葉…。

事実を確認する前に事を大きくしたくないスコットランド政府はこの事件についての一切の捜査を終了し、関係者にも黙秘を義務づけたのです。

ソニービーン一族、捕縛されたのは46人だった

Free-Photos / Pixabay

のちに、関係者からの証言でわかった事が、実は48人いたはずの一家ですが実際に処刑されたのは46人だったと。洞窟にたまたまいなかったのか、もしくは隠れていたのか残りの2名が未だに捕まる事無く逃げ延びているのです。

もし、子孫を残していたら…。終わっていない。と言う事です。

ソニービーン一族は本当に実在していたのか?

shilmar / Pixabay

スコットランドでは、今でも伝説として残っている話で多くの人たちが実在した実在した人物だと語り継いでいるのです。

しかし、政府はこの事件を国の恥とし、すべての証拠を隠し、処分するように命じました。そのため、現在でもソニービーンに関する品が出てこないとされています。

ソニービーン一族に関する資料が流失していた

congerdesign / Pixabay

しかし、すべての資料を処分したと思われていたこの事件ですが、なんと関係者の手によってこっそりと残されていた物があったのです。

長く封印されたのち、残っていた資料が流出する事となり、たちまちこの一家の残虐な行為が世に広まってしまったのです。

ソニービーン一族がモデルとされる映画作品

Free-Photos / Pixabay

この残虐な事件は、現在でも映画や漫画のモデルとして使われています。例えば、日本で有名な『進撃の巨人』この作品の中にもモデルが登場しています。

また、海外でも『サランドラ』と言うタイトルでモデルにされた映画が公開されております。

①ソニーとビーンの2体の巨人「進劇の巨人」

劇場版「進撃の巨人」Season2-覚醒の咆哮-[初回限定版Blu-ray]

Amazonで見る

巨人が人を食べる事をメインに書かれている漫画ですが、実はこの中に捉えられた巨人の名前がソニーとビーンと名付けられていたのです。

1体の名前ではなく、2体の名前にはなっていましたが、人喰いを行っていたソニービーンをモデルに名付けられたと言われています。

NEXT ②野蛮な人喰い一族の恐怖「サランドラ」