恐怖の「ベルメスの顔」は嘘!?コンクリートに浮かぶ顔の真実は?

ベルメスの顔はコンクリートに浮かぶ不気味な顔のことです。1971年にスペインで発見されて以来、顔を破壊してもまた浮き出てくることで有名になりました。果たして恐怖のベルメスの顔は超常現象なのか?それともただのいたずらか?その真相に迫ります。

この記事をかいた人

不思議なこと・怖い話が好きです。興味深い記事をお届けできるよう精進します。

ベルメスの顔とは?

これは私たちが無意識のうちによく目にしているものに纏わる事件です。あなたの住んでいる建物にも、探してみれば一体いつからあるのかよくわからないような黄色や茶色のシミが見つかると思います。それ自体は怪奇現象ではなく、よくある話です。しかしそれが何度消しても同じ場所に現れるとしたら、おそらく誰もが変だと思うでしょう。

これは、そういいった類いの話です。実際に起こり今もなお原因不明のまま議論が続けられているこの事件について、まずはそのあらましをご説明していきます。

ベルメスの顔はスペインの田舎町に現れた消えない顔

dennisflarsen / Pixabay

2019年現在から49年前の、1971年8月の出来事でした。アンダルシア州ハエン県のとある山中の田舎町である朝、マリアという女性が台所の床におかしなシミが浮かび上がっているのをが発見しました。

それはぼんやりとしたものではなく、等身大の大きさをした男性の上半身であることがはっきりとわかるような形をしていました。それがあまりにも気持ちの悪いものだったため、マリアはすぐさま夫や息子を呼び、そのシミを見せました。

消しても消しても浮かび上がる顔

PellissierJP / Pixabay

それはどうしてもただの汚れだと片付けられない存在感を放っていました。一家はすぐに問題があった部分の床を剥がして新しい床にはりかえました。しかし、しばらくすると同じ位置にそれは現れました。

何度床を剥がして新しいものに替えても無駄でした。しかも繰り返すごとに輪郭ははっきりとしていきました。

様々な方法で消すことを試みるも消えない顔

werdepate / Pixabay

いくら床を剥がしても無駄であるとわかった為、今度は床を雑巾で擦ったり、タイルだけを剥がしてみたり、最後には床をセメントで埋めたりと様々な方法でシミを消そうと試みました。

しかし何をやっても顔は一家の努力を嘲笑うかのようにシミは何度も何度も浮き上がってきました。

ベルメスの顔は変化し続けた

geralt / Pixabay

最初の状態でも気味が悪かったにもかかわらず、浮かんでくるものの形状は毎回同じというわけではありませんでした。現われるたびに表情が変わったり、男性ではなく女性の顔になったり、顔は時には大きな顔の周りに複数の小さな顔が出現したりと変化を続けました。多い時にはその総数18個もの顔が同時に浮き出てきたこともあったといいます。

そして現れたかと思えば時にはすっかり消え失せることもありました。不可解な現象に振り回された一家の心情は察するにあまりあります。

ベルメスの顔は超常現象?幽霊の仕業?

qimono / Pixabay

ここからはさらに歴史を追いかけ、様々な可能性について考えてみましょう。この事件はとても不思議な話ですが、当時も様々な人達が悪戯なのではないかと疑い調査をしていました。

ベルメスの顔調査団が結成された

NEXT ベルメスの顔調査団が結成された