トンカラトンとは?出会うと斬り殺される?その正体や対処法をご紹介

トンカラトンという怪人を知っていますか?もし出会ってしまうと、正しく「トンカラトン」と言わえなかった人は斬り殺されて自分もトンカラトンになってしまうという恐ろしい怪人です。今回の記事では、そんなトンカラトンが「どんな怪人なのか」や「殺されない方法」、「本当に存在する?」などトンカラトンの都市伝説についてまとめました。

この記事をかいた人

不思議なこと・怖い話が好きです。興味深い記事をお届けできるよう精進します。

トンカラトンは恐怖の怪人!

SplitShire / Pixabay

名前の語感はどことなく可愛らしいですがこれは出会ったら殺されてしまう可能性もある恐ろしい存在です。では、どんな風に恐ろしいのか?どんな存在なのか?この怪異の概要についてご紹介します。

対処法を間違えると斬り殺されて自分もトンカラトンに

Alexas_Fotos / Pixabay

この怪異は遭遇するとまずは質問をしてきます。正解にあたる返答をできなければその場で殺されてしまいます。日本各地に伝わる都市伝説の中では夢の中で質問をしてきて誤った答えを言うと殺される「カシマさん」などに性質が近く、オーソドックスなタイプの怪異と言えます。

もちろんこの怪異としての特殊な点もあります。それは殺され後、殺された人間もその怪異と同じものになってしまうと言う点です。つまり、この怪異は人に感染し、増殖する伝染病のような性質を持っているのです。

前述のカシマさんについて興味のある方はこちらの記事もご覧ください。

トラウマになる人続出!トンカラトンって何?

Pexels / Pixabay

ではここからはこの怪異がどのような性質を持っているのかについてさらに詳しくご紹介していきます。

トンカラトンは日本の怪人

MasashiWakui / Pixabay

この怪異は日本発祥の怪異で、野外をひとりで歩いている時に出没します。ひとりの場合もありますが、複数の個体がいるため、集団となって行動している場合もあります。

トンカラトンの見た目は包帯ぐるぐる巻きの大男

HeungSoon / Pixabay

外見の特徴として挙げられるポイントはなんといっても幾十にも包帯が巻かれており、肌が一切見えないところです。一見長身の男性を思わせる体の形をしていますが、包帯に包まれた素肌はどんなおぞましいものとも限りません。

そういった想像をかき立てるミステリアスさがこの怪異の魅力であり恐ろしさの一端を担っていることは言うまでもありません。

トンカラトンは自転車に乗って歌いながら現れる

Free-Photos / Pixabay

この怪異に遭遇する場所は、ざっくりと言うと屋外です。彼は必ず自転車に乗って現れます。包帯姿という異質な外見とはいささかアンバランスな印象を受けますね。しかも彼は自分の名前をメロディに乗せた歌を歌いながら現れるのです。

歌っているおじさんには道でたまに遭遇すると思いますが、だからといって油断してはいけません。彼は背中に大きな刀を背負っています。少し間違えば命を奪われてしまう恐ろしい存在であると言うことを忘れてはいけません。

トンカラトンに出会ってしまった時の対処法

qimono / Pixabay

では、彼の持つ刀で斬り殺されないためにはどうしたらよいのでしょうか。ここからはその対処法についてご紹介していきます。

簡単!「トンカラトン」と答えるだけ

NEXT 簡単!「トンカラトン」と答えるだけ