ニジマスは塩焼きが最高!フライパングリル、内臓処理、串打ち方法とは?

ニジマスにも旬はある!

出展PhotoAC

古くから養殖が盛んなニジマス。たくさん研究されてきました。マス類やサケとの交雑種も存在します。その結果年中楽しむことができますが、非常に美味なニジマスは旬のものを味わいたいですね!

ニジマスの旬は春〜秋

出展PhotoAC

養殖により通年楽しむことができるニジマスですが、釣りやキャンプで旬の物を調理してビールとともに楽しみたいものですよね。初夏になると徐々に気温が上昇し、ニジマスの餌も豊富になります。それによってニジマスの身にも脂がのりより美味しくなるんですね。それを塩焼きにすることにより脂の乗った身に甘みが出てジューシーになります。

同じ時期に旬を迎える鮎についてもご紹介しておきます。

ニジマスをおいしく食べるために!

出展PhotoAC

楽に調理できるのが1番ですがやはり、魚なので下処理が必須になります。ひと手間かけることで美味しさが全然違いますし、手間のかかったぶん食べた時の感動はひとしおです。

ぬめりが気になる!ニジマスの下処理は?

出展PhotoAC

いざ、調理しようとなって気になってくるのがぬめりですよね。臭み、水っぽさも気になるところです。きちんとした下処理をしてニジマスをおいしくいただきましょう。

ニジマスにぬめりがある理由

出展PhotoAC

なかなか取れないぬめり。そもそも何のためにぬめりがあるのでしょうか。

「動植物体にひろく分布する、粘液線という外分泌腺でつくられる。体表を保護したり、からだの移動をスムーズにしたり、感覚に役だてたりしていると考えられている。粘液の成分は動物によって違うが、主成分は糖タンパク質である。」(引用:魚の博物辞典)

寄生虫から身を守ります。魚にとっては必須のものですね。

ぬめりは生臭さの素!

出展PhotoAC

いざ調理!と意気込んで生臭いと少し意気消沈してしまいますね。実はぬめりこそが臭みの原因なのです。そもそも臭いの原因は旨味成分が細菌の酵素によって化学変化してしまうことです。上手にぬめりを取って楽しく調理したいですね。

塩振りとウロコ取り

出展PhotoAC

まず基本的な方法の塩振りです。1番簡単で万能な方法ですね。様々な料理の下ごしらえでも行われる方法です。調理する20〜30分前に塩を振りましょう。そうすることで浸透圧によりニジマスから余分な水分とともに臭みが出ます。出てきた水分はキッチンペーパーなどでしっかりと拭き取ってください。

こうすることで手で掴んでも滑らなくなり、雑菌も取り除けます。ただし長く置きすぎは要注意です。新鮮なものだと特にですが水分と一緒に旨味が出てしまい、身のふっくら感も減ってしまいます。

ニジマスの捌き方

出展PhotoAC

ここからは、手順に沿ってニジマスの捌き方をご紹介していきます。

NEXT ニジマスの捌き方 手順①