アジングワームのおすすめ10選!選び方を始めからわかりやすく解説!

アジングワームの動かし方

アジはワームが沈んでいる(フォール)ときに食いついてくることが多いと言われています。レンジを探るためにも、まずは海底までフォールし徐々に海面に近づけていきます。アクションをつけなくても、一定のリズムで巻き続けるただ巻きが一般的です。

まずは海底のレンジを探る

アジの泳いでいる場所を見つけるため、まずは深いレンジを探ることからはじめます。アジはフォール中のルアーに興味を示すので、外海に面した場所へできるだけ遠投して、海底付近までカーブフォールさせてアタリを待ちます。

基本はアクション無しのただ巻き

ワームのアクションをしすぎると、せっかく集まった群れが逃げてしまうため基本一定にリールを巻くだけのただ巻きになります。ただし、あまり食いつきが良くないときには、フォール中に何度か竿をしゃくり上げて動きを出すことで、アジがワームを見つけやすくなることがあります。

アジングワームの付け方

アジングワームにはジグヘッドと呼ばれるフックとシンカーが一体化したものに取り付けて使うのが一般的です。ジグヘッドにワームを取り付けるときは、水中でワームがきれいな動きをするように、曲がらないように気を付けてまっすぐ取り付けます。

ワームのヘッドの中心にフックの先端を差し込む

左手の親指と人差し指でワームをやさしくつまみ、右手でジグヘッドのシンカー部分を持ちます。ワームにジグヘッドのフックを差し込むときには、ワームのヘッドの中心にフックの先端がきているか確認をします。中心からずれてしまうとワームがまっすぐにならない可能性があります。

ワームをフックのカーブの終わりまで差し込む

ワームの中心をフックが通るように少しづつ慎重に差し込んでいきます。フックのカーブが終わり直線部分になるところまで差し込んだらストップします。中心に通すポイントはワームを強く握りすぎないことです。

フックの先端を出す

フックの先端をワームから出します。あらかじめ、フックの先端を出す場所のめどをつけておくと作業がスムーズにできるのでおすすめです。あとは、ジグヘッドのシンカー部分までワームをたぐり寄せれば完成です。

最強と呼ばれるアジングワームの選び方

このワームさえあれば絶対に釣れるというような最強のワームというのは残念ながら存在しません。なぜなら、アジは季節によってエサが変わってしまうからです。釣果を上げるには、フィールドにあったワームを正確に選ぶ知識と経験が必要になります。

環境によってアジのエサは変わる

アジは季節や住んでいる環境によってエサが変わる習性があります。代表的なエサは、オキアミなどのエビ類、イワシなどの小魚類、アオイソメなどのムシ類になります。しかも年中同じエサというわけではなく、期間によって変わることがあります。

その時その場所にいるアジのエサを見極める

つまり、釣果を上げるためには、今その場所にいるアジは何を食べているのかを把握し、そのエサに近いワームを選択することが大切になります。そのため、いくつか試しながらアジの反応を見ていきます。

アジングワームおすすめ①

NEXT ダイワ 月下美人 ビームスティック