マイクロジギングで鯛がつれる!仕掛けやアクションについてご紹介!

小型のメタルジグを使って挑戦するマイクロジギングは、面倒な支度も要らず気軽に始められることが好まれて、最近とても人気が高まっています。今回は、このマイクロジングのメリットや、タックルの選び方、アクションについて紹介します。

この記事をかいた人

マイクロジギングとは

マイクロジギングは、小型のメタルジグを使うのが特徴で、様々な魚種をターゲットにできる痛快なルアーゲームです。ルアーの素材に比重の高いタングステンを用いたことで、他のメタルジグと比べて、同じ重さでコンパクトなシルエットが実現しました。特に専用のロッドやリールを取り揃えなくても、自分が今持っているシーバスロッドやエギングロッドにスペックが十分あれば、マイクロジグをつけるだけの手軽さで、簡単に始められるのが魅力です。

マイクロジギングのメリット

メリットは、計り知れないものがあります。ゴカイやワームを触るのが嫌な女性には、きれいなメタルジグで釣りができるのは大助かりですし、いざ釣りに行こうというとき、あまり準備が要らないのもうれしいです。また、マイクロジグは小さいので、ロッドもリールも、ある程度のパワーがあれば軽量のものを使えるのはメリットです。そのため長時間握っていても疲れにくいし、持ち運びも楽です。また、小さいタックルで大物が狙える面白さもあります。

マイクロジギングのデメリット

メリットの多さに比べて、デメリットが殆どないのがマイクロジギングの凄いところです。あえて無理やり探せば、お値段が高いことですね。ちなみに一個500円くらいはします。ボトムに落として使うため、根がかりしてなくしてしまうのには、ちょっと惜しいレベルです。

マイクロジギングで狙える魚

マイクロジギングでは、「なんでも」狙えるといわれます。もっとも、狙えるというより「何がかかるかわからない」といったほうがよく、リールを巻き上げながら何が釣れるかワクワクするところがマイクロジギングの面白さです。名前をあげれば、アジ、サバ、ハマチ・ブリ、サゴシ・サワラ、メッジアジ・GT、シイラ、カマス、シーバス、タチウオ、カサゴ(ガシラ)、キジハタ(アコウ)、タケノコメバル、エソ、イシモチ、シマフグ、マダイ、クロダイ、マゴチ、ヒラメなど、狙える魚種の多さには驚きます。

真鯛の大物を釣れる?

マイクロジギングで真鯛を釣れるというなら、ぜひ釣ってみたいと思いませんか?しかも大物の真鯛が、5センチほどの小さなマイクロジグで、巻き上げるだけの簡単なアクションで釣ることができるなんてワクワクしますね。

マダイの釣れる時期と時間

マイクロジギングでマダイが釣れることは間違いないですが、マダイがいない場所では釣ることはできません。マダイ釣りはオフショアが主流のイメージですが、ベイトが岸に寄せるときなら、ショアでも釣ることができます。真鯛のシーズンは、多少のズレはありますが4~11月ぐらいと言われます。中でも春と秋はよく釣れます。鯛を狙うなら、釣り場の状況によって、つまりイワシなど小魚の時にはメタルジグ、メインベイトがエビなど甲殻類の時はタイラバという風ように使い分けましょう。

マイクロジギングにお勧めのマイクロジグ

ジグパラTG(タングステン) 32g

出典:アマゾン

ジグパラシリーズに追加された、フルタングスタンモデル。小型のベイトを捕食してるときや、なかなか喰いつかないときに便利。 重心はやや後方に位置しており飛行姿勢は抜群に安定して、そのくせナチュラルスイミングアクションは確保します。

メジャークラフト ジグパラ マイクロ JPM

出典:アマゾン

「JIGPARA MICRO(ジグパラマイクロ)」に、「15g」のサイズが登場。このサイズは以外にもとても幅広く使える。扁平タイプの木の葉アクション。刺さり抜群のオリジナルフック。割れ、剥がれに非常に強い塗装が施されている。軽めでひらひら落ちるタイプを探したい人に最適です。

ギアラボ マイクロフリップ 35g

NEXT ギアラボ マイクロフリップ 35g