愛知県の心霊スポット旧伊勢神トンネル|最恐心霊スポットにまつわる怖い話

旧伊勢神トンネルは愛知県で最恐といわれ、全国的に有名な心霊スポットです。心霊現象が起きるのは伊勢湾台風が原因だといわれています。多数寄せられた旧伊勢神トンネルでの心霊体験や、愛知県の心霊スポット、アクセス方法やモデルになった作品についてもご紹介します。

この記事をかいた人

アウトドアやオカルト・心霊が大好きです。わかりやすく、ちょっとためになる情報も織り交ぜながら紹介できるような記事を作っていきたいです。

心霊スポット!旧伊勢神トンネルとは

jplenio / Pixabay

愛知県に存在するこの旧伊勢神地域をご存知でしょうか。心霊現象など数多くの不可解な現象や目撃談が相次ぎ行われている土地で、国内の数ある心霊スポットの中でもトップクラスの恐怖の地として知られています。

しかし、名前をそもそも初めて聞く地元でもない人間や心霊に関する情報に今までふれてこなかった人は、この地で何が起きているのか、どんな心霊現象が確認されているのか分からな人もいるでしょう。詳しくこのトンネルについて調べていきます。

旧伊勢神トンネルの歴史

Pexels / Pixabay

地元でなければ歴史も知りえない人も多いでしょう。まずはそのトンネルが持つ歴史から紹介していきます。建設されたのは今から約100年以上前になる1897年のこと。花崗岩によってつくられたこのトンネルは交通アクセスとして重宝する道でした。

正式名称を、伊世賀美隧道と称し、峠越えの交通網としてかつては重要な道路だったのです。全長は308メートルと短いながらも幅が3メートル程度高さが3.3メートル程度の狭いトンネルであるため、ちょうど馬車のサイズがトンネルとなっているという形です。

132369 / Pixabay

当時の移動手段は、その多くが馬車によるもの。今の車で移動を試みると非常に狭いのです。また、トンネル設計当時はレンガ造りを考えられていましたが、地質や湧き水の問題からこの花崗岩に変更されたようです。

旧伊勢神トンネルの住所と行き方

Bergadder / Pixabay

多くの歴史を越えてきたトンネルということはわかりましたが、いったいどこにあるのかとその存在が気になる人もいるでしょう。訪れ方にも触れていきましょう。まず住所ですが、トンネル住所は愛知県豊田市連谷町石神13になります。

訪れる方法としては、車で近くまで行くことをおすすめしますが、国道153号線経由ののち、車を走らせて数分絶ったところを超えた先すぐの道を左折後、曲道を進んでいくと物々しい雰囲気に包まれた現地に到着します。

旧伊勢神トンネルの先には民家がある

shell_ghostcage / Pixabay

奇怪な現象が多数目撃されるトンネルを越えていくと、その先には民家あります。実はこの峠を越えに用いられていた活躍時代には、その先に民家があり賑わいを見せていたといわれているのです。

今では、その民家にはだれも住んではいないといわれていますが、その民家に電気を供給してただろう電線がトンネル内に通っていたりとその民家の存在がかつてあったことを裏付けています。

旧伊勢神トンネルはなぜ心霊スポットと呼ばれるのか?

Free-Photos / Pixabay

このトンネルがどのような存在なのかは把握してきましたが、騒がれ話題になっている、その噂の発生源を紹介していきましょう。かつて起こった事故などをピックアップしていきます。

旧伊勢神トンネルは多くの女性が命を落とした「姫街道」だった

Free-Photos / Pixabay

このトンネルは主要な道路として扱われる当時、姫街道として有名でした。これが現代に起こる心霊現象と大きく関わってきます。

姫街道とは、かつて女性が峠越えのために用いた道路のことを指し、かつて数多くの人が使用していたころからこのように称されていました。女性が好んで使用していたのだそうです。

hpgruesen / Pixabay

そして、姫街道として使用されていた当時、利用中の女性たちに悲劇が起こったといわれています。その事故は落盤事故のような形で、かつてのトンネルを利用していた多くの女性が命を落としたのだそうです。

「伊勢湾台風」で旧伊勢神トンネルの作業員12名死亡

NEXT 「伊勢湾台風」で旧伊勢神トンネルの作業員12名死亡