さっちゃんの歌詞は10番まで?|4番からが怖い!歌に隠された都市伝説

さっちゃんの歌詞には都市伝説が存在し、実は怖い歌だと言われています。さっちゃんの歌詞は特に4番から急激に変化し、5番まで歌うと呪われるなどさまざまな噂もあります。この記事は、10番までの歌詞や歌のモデルになった女の子について詳しく調べました。

この記事をかいた人

オカルト・ホラー・フォークロア・生き物全般に興味と情熱を注いでいます。

さっちゃんの歌詞、知っていますか?

子供だった頃、誰もが1度は歌ったことのある国民的童謡ですが、大人になってもすべての歌詞を覚えている方はどれだけいるでしょうか?

あの頃は何もわかっていなかったかもしれないけれど、改めて、この愛らしい童謡に隠されたおそろしい真実を辿ってみましょう。

さっちゃんの歌詞1~3番

Free-Photos / Pixabay

この童謡は日本の子供に馴染み深く、私たちにとって懐かしい歌です。

さっちゃんは幼い女の子で、自身を名前で呼ぶかわいらしい拙さがあって、バナナがとても好きだけど小食という内容はみなさんも覚えているかと思います。

さっちゃんの歌詞はだんだん様子がおかしくなる

mazsoka / Pixabay

歌の最後で、さっちゃんは遠くへ行ってしまうんだと、僕(歌い手)は寂しがっていました。彼女とは離れ離れになってしまったようですが、それは単なる引っ越しでしょうか?

聞きようによって遠くとは「二度と会うことができない場所」という意味にも聞こえます。

都市伝説!呪いの4番。さっちゃんの歌詞にモデルがいた?

Waldkunst / Pixabay

この歌の主役である女の子には実はモデルがいると言われています。

その子は幼い頃、まだほんの小さいうちに事故で死んでしいました。その子を悼んだ歌であるという言い伝えがあるのです。そして3番から後を歌ってしまうと、その死んだ少女に呪われる…という恐ろしい噂があるのです。

さっちゃんの歌詞4番

jucia13 / Pixabay

続きなんて記憶にないけどな?と不思議に思った方もいることでしょう。そうなのです、実はさっちゃんと離れ離れにてからのストーリーが存在するのです。

では「僕」の側からいなくなってから、さっちゃんはどういう人生を辿ったのでしょうか。

呪いのかかった4番の歌詞

28703 / Pixabay

サッちゃんはね 線路で足を なくしたよ だから お前の 足を もらいに行くんだよ 今夜だよ サッちゃん(引用:都市伝説~古今東西~)

だんだん不穏な様子に変化してきました。さっちゃんは事故で大怪我を負ってしまったとのことですが、あまりに無念だったのでしょう。

お前…つまりこの曲を歌った人の「足を貰いに行く」と言うのです。

踏み切りで電車にひかれたさっちゃんがいた

PeterDargatz / Pixabay

かわいそうな少女・さっちゃんの死因は、踏切を渡り切れず電車にひかれてしまったせいなのです。

ちょど線路上に落ちたさっちゃんの体は、車輪によって上下真っ二つに割かれ、真冬という低温下であったため出血が抑えられて、苦しみぬいて死んでいったという話です。

4番の歌詞を歌うと足を奪われる

NEXT 4番の歌詞を歌うと足を奪われる